巨人の野球賭博胴元が携帯電話の提出を拒否 「芋づる」が切れ幕引き

ざっくり言うと

  • NPB調査委員会の大鶴基成委員長は10日、巨人の賭博問題について会見した
  • 胴元の2人は一度事情聴取に応じたきりで、携帯電話の提出を拒否
  • 「芋づる」が切れたことで、調査は幕引きの格好となったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング