マイクロソフト・ストア・シドニー店開店 (C) Getty Images

写真拡大 (全8枚)

 マイクロソフトは現地時間12日、オーストラリアのシドニーに、北米以外で初となる旗艦店をオープンした。

 ウェストフィールドシドニーにあるピットストリートモール内に店舗を開設した。店舗は二階建てで、面積は6000平方フィート。ハードウェア、ソフトウェアおよびサービスの技術的な質問、トラブルシューティングと修理などをすべて受け付けるという。学習や交流のためのコミュニティシアター、178面以上の動画表示壁面などの設備も用意されている。

 「この新しい旗艦店は、地域社会に、Microsoftの最高製品を披露するためのものです。シドニーがホームとして選択されて喜ばしく思います」と、マイクロソフトオーストラリアのマネージングディレクターであるPip Marlow氏はコメントしている。

 マイクロソフトは、米ニューヨークのフィフスアベニューに2009年に旗艦店を開店。北米以外では初の開店となる。