毎年辛い花粉症。今、花粉症が根治すると言われている治療法があるのはご存じですか?その名も「舌下免疫療法」。2014年10月に保険適用になったスギ花粉症の新しい治療法です。今回は、その舌下免疫療法について詳しくご紹介します。

舌下免疫療法とは?


今の時期にしか出来ない「舌下免疫療法」って知っていますか?

先日、tenki.jpチームでは、日本医科大学の大久保公裕先生が講演されるセミナーに参加し、スギ花粉症の新しい治療法である「舌下免疫療法」についてお聞きしてきました。
「舌下免疫療法」とは、アレルギーの原因物質であるスギ花粉を原料としたエキスを毎日舌下に投与して体をスギ花粉に慣らし、アレルギー反応を弱めていく治療法です。治療を始める前は医師の診断を受け、少なくとも2年間は続ける必要がありますが、「顔を洗う」「歯磨きをする」のと同じように1つの習慣となれば、簡単に続けられそうです。
最終的には根治することも期待されており、その場合は3〜5年の治療が推奨されていますが、1シーズン目から症状が和らぐことを実感する方もいらっしゃるそうです。
治療の開始は、スギ花粉シーズン前、例えば関東では年内であれば可能です。
興味のある方は、まず舌下免疫療法について相談できる医療機関へ行ってみましょう。

スギ花粉の飛散イメージ

スギ花粉の飛散イメージ


花粉症は、あなたのQOLにも影響する

QOLという言葉を知っていますか?QOLとは、Quality of Life(生活の質)です。人間らしく、満足して生活しているかを評価する概念で、花粉症はこのQOLにも影響すると大久保先生は言います。
先生によると、花粉症患者を対象に調査を行った結果、20〜50歳代の“働き世代”のQOLが悪い傾向であることが分かったそうです。集中力や思考力、記憶力の低下から、勉強・仕事・家事への支障まで、花粉症は単なるアレルギー性の鼻炎ではなく、私たちの生活の質を下げる1つの要因となっているのです。今一度、あなたの花粉症がどれくらい普段の生活を阻害しているか見直してみましょう。
現在の医療では、体の病気を治すだけでなく、患者さんがよりよい生活ができるよう治療すべきという考えが広まっています。今年から継続的に治療を始め、これからは花粉を気にしない気持ちの良い春を迎えてみてはいかがですか?
※中には治療を受けられない方や、効果が認められない方もいます。また、治療のリスクおよび治療期間についても、治療開始前に患者さんが理解することが大切です。医師に相談し、十分に理解して治療を行いましょう。