「Industrial」は-25度〜85度、「Industrial XT」は-40度〜85度という極端な温度環境下で動作可能。高耐久性と耐環境性能が特徴だ(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全2枚)

 サンディスクは12日、産業用NANDフラッシュストレージソリューション「SanDisk Industrial」シリーズの提供を開始したことを発表した。厳しい温度環境下でも優れたパフォーマンスと信頼性を実現する高い耐久性を特徴としている。

 動作温度の違う「SanDisk Industrial」と「SanDisk Industrial XT」の2シリーズがあり、「Industrial」は-25度〜85度、「Industrial XT」は-40度〜85度の環境下で使用可能だ。「Industrial」はSDカード、microSDカード、組み込みフラッシュドライブ、「Industrial XT」はSDカードと組み込みフラッシュドライブというラインアップ。

 容量はSDカードとmicroSDカードが8GB〜64GB、組み込みフラッシュドライブは「Industrial」が4GB〜64GB、「Industrial XT」が4GB〜32GB。シーケンシャル書き込み・読み取り速度はSDカードとmicroSDカードが最大20MB/秒。組み込みフラッシュドライブは書き込みが最大30MB/秒、読み取りは最大120MB/秒となっている。

 同シリーズは耐久性を重視し、幅広い環境下で優れたパフォーマンスを発揮できるよう最適化されており、長寿命と一貫したパフォーマンスを提供するとしている。またその高い耐環境性能から、セキュリティ用途での使用から、高温の工場のアプリケーションや過酷な気候での公共サービスでの運用など、多様な環境下での利用に対応している。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI