写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サンテレビジョンは、11月15日に兵庫県・神戸市内にて開催される市民参加型フルマラソン「第5回 神戸マラソン」の放送(生中継)において、ハイブリッドキャストを使った「マルチアングル・ライブストリーミング中継実験」を行うと発表した。

これまでサンテレビは、神戸マラソンの中継として、複数個所にカメラを設置し、自局のテレビ番組やWebサイト上で映像配信を行ってきたが、視聴者からは、「テレビで自分の好きな地点の映像を見たい」というニーズが高かったことから、今回、アクトビラとメディアキャストの技術協力を受ける形で、ハイブリッドキャストを用いた中継実験を行うことを決めたとする。

これにより当日は、マラソンコース内の複数地点に設置されたカメラからの中継映像から、視聴者がどの地点の映像を見るかをリモコン操作で自由に選択して、テレビ画面で視聴することが可能となるという(ハイブリッドキャスト対応テレビでの視聴が必要)。

またサンテレビでは、今回の実験に加えて、データ放送を活用したさまざま視聴者参加型企画を展開する予定としており、市民参加型マラソン+視聴者参加型の中継番組として、今後のクロスメディア展開に弾みをつけたいとしている。

なお、当該の番組名は「シスメックス スポーツスペシャルKOBE MARATHON 2015 〜 5-ingマイウェイ 〜」で、当日は8時30分から、16時15分まで、スタートからフィニッシュまで7時間すべて生中継を行うとしている。