今やアジアンスターの吉田麻也、さりげなくブルース・リー級の名言残す

写真拡大

12日に行われた2018年ロシアW杯・アジア2次予選で、日本代表はシンガポールに敵地で3-0と快勝した。

立ち上がりからハイペースで攻め立てたものの、Jリーグ入りも噂される守護神イズワン・マフブードを中心としたシンガポールの粘り強い守りをこじ開けられなかった日本。ホームでスコアレスドローに終わった5か月前の悪夢が脳裏をよぎり、焦りも生まれかねない状況を迎えつつあった。

しかし、5年ぶりに代表復帰しいきなり1トップで先発起用された金崎夢生の豪快なシュートで先制すると、続いてミランで不遇を囲う本田圭佑も決めて追加点。

これで試合は楽になり、終了間際に吉田麻也がダメ押しのゴールを決めて突き放した。

試合後、ヴァヒド・ハリルホジッチ監督は「あと3、4点は取れた」と要求を付けたが結果には満足した様子。日本はこの勝利により1試合消化の早かったシリア代表を抜いていよいよグループEの首位に躍り出た。

17日は再び敵地でカンボジア代表と対戦する。

さて、この試合に出場した選手がどのようなメッセージを発信しているのかSNSを確認してみたが、さすがに試合直後とあってほとんど更新されていなかった。

そんななかで唯一迅速な対応を見せた選手がいたのだが、その中身があの伝説的アクションスターばりのカッコよさだった!

それがこちらだ。

「当たったんじゃない。触ったんだ」

試合終了間際にチーム3点目のゴールを決めた吉田麻也がこの一言!

宇佐美の放ったシュートを左足で合わせる幸運な形であったが、「当たった」のではなく「触った」のだと、ちょっと哲学的に表現したのである!

こ、これは香港が生んだ世界的アクションスター、ブルース・リーが残した伝説の名セリフ、

「Don't Think, FEEEEL(考えるんじゃない。感じるんだ)」

に匹敵する?名言ではないか!カッコよすぎるぜ☆

吉田は同ツイートで、

「応援ありがとう。シンガポールにいるたくさんのフットボールファンに会えて嬉しいよ」

と日本のサポーターと合わせて、シンガポールのファンに向けても英語で感謝の言葉を綴っている。

アジアで絶大な人気を誇るプレミアリーグで活躍する吉田だけに、人種のるつぼと化すシンガポールの地で“アジアンスター”の血が騒いだのかもしれない。