G-SHOCKとスノーボードブランドBURTONとのコラボモデル「GW-9400BTJ-8JR」

写真拡大

カシオ計算機は、米国のスノーボードブランド「BURTON(バートン)」とコラボレーションしたG-SHOCKの新作モデル「GW-9400BTJ-8JR」を2015年12月11日に発売する。

雄大な雪山を表現したデザイン

通常のスノーボードはもちろん、整備されていない過酷な雪山での使用も想定し、レンジャー仕様のタフネスウォッチ「RANGEMAN(レンジマン)GW-9400」をベースにしている。高い操作性を実現しつつ、方位、気圧・高度、温度を測るトリプルセンサーを搭載した。

本体カラーは雪山をモチーフにしたアイスグレーを採用。さらに裏蓋(うらぶた)とベルト部の遊環(ゆうかん)にBURTONのブランドロゴを刻印した。

バンドのデザインはスノーカモフラージュ柄を用いている。切れにくく強靭なカーボンファイバーをバンドの樹脂にインサートすることによって、スノーボードによる過酷なライディングにも耐えられる仕様だ。価格は5万5500円(税抜)。

G-SHOCK×BURTONのコラボモデルは、G-SHOCKの30周年記念モデルの一つとして12年11月に発売された「GDF-100BTN-1JR」以来。

六本木ヒルズのイベントで発表会

発売まで待ちきれない、実物を一刻も早く見たい――という人は、15年11月14日に東京都港区の六本木ヒルズアリーナで開催される「BURTON RAIL DAYS presented by MINI」に足を運ぼう。14時からGW-9400BTJ-8JRの発表会が行われる。

BURTON RAIL DAYSは、世界最大級のストリートスノーボードのコンテストだ。約100トンの雪を使った巨大特設コースに、世界中のライダーが集結してパフォーマンスを競う。キッズ専用スノーボードパークも同時開設されるなど、大人から子どもまで楽しめる内容になっている。参加はすべて無料。