攻撃面での貢献が目立った森重。斜め方向へのフィードやくさびのパスで攻撃に流れを作った。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

 敵地でのシンガポール戦では、得点を奪い切れずスコアレスドローとなったホームゲームでの無念を晴らした日本代表だが、圧倒的な強さを誇示したわけではない。攻守両面で課題が見られたのは確かで、今後はいかにそれらを解消しながらチームの成熟度を高められるかがレベルアップの鍵となる。ここではエリア別にシンガポール戦のプレーを振り返り、その課題を検証する。まずは酒井宏、吉田、森重、長友が先発に名を連ねたディフェンシブサードだ。
 
【PHOTOギャラリー】シンガポール 0-3 日本
 
 押し込んだ前半にまず目立ったのが、攻撃への貢献だ。両SBが高い位置を取り、CBは局面を打開する縦パスを意識。チームがプライオリティを置くサイドアタックの始点として、最終ラインからの強い意気込みが感じられた。
 
 とりわけ目立ったのが、森重の対角線上に送るロングフィードとクサビのパスだ。決してミスも少なくなく、味方に合わずに頭を抱えるシーンは少なくなかった。ただ自ら持ち上がり、1本でビッグチャンスに結び付けようとしたチャレンジは評価に値する。この日はサブに回った槙野も「効果的なパスや持ち運びが見られた」とライバルに拍手を送った。
 
 SBのオーバーラップも悪くなかった。酒井宏のクロスはことごとくズレたが、グラウンダーとロビング、ニア、ファー、マイナスと状況を見て上げる工夫が感じられ、本人も「試合途中でいろいろ模索しながら、(ニアに合わせろという)監督の要望も理解しつつ、自分の色を出して」やれたと振り返っている。左の長友は、前方に位置する武藤のスペースを消さないよう、バランスを見て上下動を調整。ベテランらしい気遣いに加え、タッチライン際で左足のセンタリングを送る“かつての姿”も顔を覗かせた。
 
 一方で、本職の守備が盤石だったとは言い難い。特に後半はビハインドを背負ったシンガポールが攻めの姿勢を強め、「ホームでやった時よりも多少相手にチャンスを作らせてしまった」(吉田)のは仕方がないと言えなくもないが、このレベルの相手では球際でしっかり押さえこむべき。
 
 ふとしたタイミングで集中力を欠く悪癖も相変わらずで、前半はロングスローから、後半はアーリークロスとFKから危ない場面を招いている。59分には酒井宏が、その1分後には吉田がロングボールを処理しきれず、同じような形でCKを与えているのも看過できない。
 
 アジア2次予選を通じての無失点は継続するも、今日に限れば相手の決定力不足に助けられたのも事実。吉田が語るように「今は土台作りの時期」として、今後さらなる安定を求めていきたい。
 引いた相手に対して、手をこまねいている様子はなかった。小気味よくパスをつなげていたため以前の停滞感は払しょくされ、遠目からのミドルも攻撃のアクセントになっていた。
 
 長谷部と柏木は、互いの位置を縦横に変えながらバランスを保ち、中盤のオーガナイズで力を発揮。特に柏木は組み立て、崩しと大車輪の活躍ぶりだった。シンガポールの最終ラインが深く、マークが清武より前の選手に集中して簡単にフリーになれたことは加味すべきだが、司令塔としての存在感は、ザッケローニ体制下での遠藤を彷彿とさせる。
 
 柏木本人も「出来が良かった」と自画自賛するのは、状況に応じたパスの使い分けだ。「裏に出すパスとサイドに散らすパスを、よく選んでプレーできた」(柏木)のは、相手に的を絞らせない意味で大きかった。「ちょっとバタバタしたときに落ち着かせることと、あとは切り替えてボールを奪いにいくところもできた」(柏木)というコメントからも、この日のパフォーマンスに対する自信が窺えた。
 
 ただし、トップ下に関してはまだまだ物足りない印象が残る。前述のように清武はマークを引き付ける囮としては十分な働きを示したが、自分の持ち味を活かせたかと言えば首をかしげざるを得ない。ハノーファーで見せるような閃きは、最後まで影を潜めていた。
 
 ただし、この位置から決定的な仕事をするには、周囲との密な連係とある程度のスペースが求められる。相手がブロックを固めた状態であれば、無理してトップ下に起点を作る必要はない。今後は、このポジションを取り払った2トップ、もしくはボランチを1枚に減らしてふたりのインサイドハーフを置く形も試すべきか。
 
 攻撃的ポジションの選手、なかでもFWに求められるのはゴールである。その点で言えば、前線に位置した3人ともが得点に絡んでおり、彼らには及第点が与えられて然るべきだ。極論を言うなら、いくら良い動きをしてもゴールに関われない選手は怖くない。
 
 また、シンガポール戦では3トップの距離感、いわゆる“幅”に焦点が当てられていたが、その使い方はひとまず奏功している。サイドに位置する本田、武藤は基本的に大きく開き、シンガポールの守備を横に引き伸ばしていた。
 
 右の本田はタメを作ることを好み、武藤は縦への仕掛けを得意とする。その点で両翼のバランスも取れていたと感じる。とはいえ、本田は以前に比べて身体的な強度が落ちているようで、相手を抑え込めず容易なボールロストが散見した。
 
 その点は気掛かりで、もしパフォーマンスが上向かないようならカンボジア戦では一度スタメンから外すことも視野に入れるべきだ。ただ、得点シーンにことごとく顔を出す背番号4は、FWという見地からすれば頼もしい存在なのだが……。
 
 頼もしさでは、先制ゴールを決めた金崎の積極性に触れないわけにはいかない。現体制の“新入り”は、臆さず仕掛けて前線に躍動感をもたらした。武藤が「凄くやりやすかった」と語るように、周囲とのコンビネーションも思いのほかスムーズで、ポストプレーや細かいパスワークにも関与。サボっているように見えた後半の数十分を除けばMOMに匹敵する働きぶりだった。
 
 金崎の台頭には、この日出番のなかった岡崎もうかうかしていられない。実際に「今の時期にいろんな選手が力をつけていくことが重要だと思うし、試合に出ていない選手がそれを観て、もっと出たいって気持ちが出ないといけない」(岡崎)と危機感を募らせていた。交代出場した宇佐美と原口を含め、さらなる競争に注目したい。
 
取材・文:増山直樹(サッカーダイジェスト編集部)