画像
 楽天は、11月12日、新たなファンド「Rakuten FinTech Fund」の運用を開始した。同ファンドはWePay等、楽天がこれまで実施してきたFinTechへの投資の成功事例を発展させたもの。主に北米と欧州を中心とするスタートアップ企業や成長著しい企業に投資を行う。

 楽天は、1億米ドルの「Rakuten FinTech Fund(ラクテン フィンテック ファンド)」の運用を開始した。同ファンドは、楽天がこれまで実施してきたFinTechへの投資の成功事例(Currency Cloud、WePay、およびBitnetなど)に基づき、発展させた。主には北米と欧州を中心とするスタートアップ企業や成長著しい企業に投資を行う。

 また、同ファンドは、起業家と楽天グループで著しく成長を遂げている楽天カードや楽天銀行、楽天証券などとの橋渡しをする役割も担う。

MarkeZine編集部[著]