写真提供:マイナビニュース

写真拡大

文響社は13日、書籍『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』を発売する。著者は経済評論家の山崎元氏と「お金のド素人」の大橋弘祐氏。

○「ド素人でも年間利回り+5%」を目指す

銀行にお金を預けても金利が0.1%未満であることが珍しくない今、資産運用に興味を持つ人が増えているという。一方で、資産運用に対しては「リスクがある」「難しそう」「怖い」というイメージを持つ人も多い。

同書は、資産運用に対して興味はあっても、「難しくて何が良いのかわからない」「リスクが大きい」というイメージを持っている大橋氏が、プロに簡単で安全な「お金を増やす方法」を聞くというもの。解説者の山崎氏は資産運用を専門とする経済評論家で、楽天証券経済研究所客員研究員及び獨協大学経済学部特任教授を務めている。

同書の目的は「ド素人でも年間利回り+5%」を目指す資産運用の方法を紹介すること。「外貨預金は絶対にやらない方がいい。銀行のカモだから」「生命保険は、自分が死んだら残された家族が路頭に迷うような人だけ入ればいい」など、山崎氏が金融商品についてバッサリ切りすてる。現役の証券会社社員が解説する書籍としては、非常にぶっちゃけた1冊となっている。

構成は「お金を安全に持っておく 編」「ちょっとリスクをとって運用する 編」「お金を使う 編」「トクする制度を使って実際に運用してみる 編」「年金と確定拠出年金 編」の5部。価格は1,380円(+税)。