快勝の立役者…金崎と柏木の活躍に満足のハリル「私は正しかった」

写真拡大

 日本代表は、12日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア2次予選でシンガポール代表とアウェーで対戦。前半に金崎夢生と本田圭佑、後半には吉田麻也が得点し、3−0で勝利を収めた。

 スコアレスドローに終わった6月の“リベンジ”を果たしたヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「勝ててうれしく思う。そして選手を祝福したい。前半はかなりよかった。野心とアグレッシブさを見せることができたし、いくつかの美しいアクションもあった」と前半の出来には満足している様子。

 一方で、何度も決定機を作りながら3ゴールにとどまったことには「もっとゴールを決められなかったのが残念。後半はリズムが落ちたが、決定的なチャンスを作り続けることはできたし、ビッグチャンスも何度かあった。(選手たちには)ブラボーと言ったが、もっとできるとも言った。特に仕留めるところでだ」と不満を述べている。

 現在は「より良い解決策を探している最中」だと語るハリルホジッチ監督。この日、活躍を見せた金崎やMF柏木陽介については「長い時間をかけて追跡してきた。そして私は彼らに、表現する場を与えていた。この2人(金崎と柏木)は素晴らしい試合をしたので、私は(自分の判断が)正しかったと思っている」と今回の起用が狙い通り機能したと振り返った。

 カンボジア戦でも、新しい選手を起用することを示唆し、「私の頭のなかでは(来年)3月の準備も考えていて、また1人か2人、トライしたい選手がいる。そして最終予選のときは、グループはもっと小さくなっていると思う。人数がだんだん限られてくるわけだが、できるだけ良いチームを探さないといけない」と最終予選に向けて代表の候補者を絞っている段階だと説明した。

 6月の試合からチームがどれほど進歩したかについては「確かに1試合目に関して私は理解できなかったし、多くの批判も受けた。私はFWだったので、決定機を外し続けたことが残念でならなかった。今夜も何度も決定機を外していた。私としては、あと3〜4点は取れていたと思う。それを決めないといけない。コレクティブなところも、個人のところもだ。そのために私はここにいる」と改めて日本の決定力不足を改善する必要があると語った。

 日本代表は、17日にアウェーでカンボジア代表と年内最後の試合に臨む。