日本vsシンガポール 試合後のハリルホジッチ監督会見要旨

写真拡大

[11.12 W杯アジア2次予選 日本3-0シンガポール シンガポール]

 日本代表は12日、シンガポールのナショナルスタジアムでシンガポール代表と対戦し、3-0で快勝した。前半20分にFW金崎夢生の代表初ゴールで先制すると、同26分にFW本田圭佑が追加点。後半42分にはDF吉田麻也がダメ押しの3点目を決めた。

以下、試合後のハリルホジッチ監督会見要旨

バヒド・ハリルホジッチ監督

「勝ってうれしく思っている。選手におめでとうと言いたい。前半はかなり良かったと思う。野心とアグレッシブさを見せることができた。いくつかの美しいアクションもあった。もっと得点が取れなかったのは残念だ。後半は少しリズムが落ちてしまったが、決定的なチャンスをつくり続けることができた。ビッグチャンスを何度もつくった。選手にはブラボーと言ったが、『もっとできるよ』とも言った。特にゴールを仕留めるところだ」

―埼玉での試合はシンガポールのキーパーが良いセーブを見せたが、今日はどう思ったか?

「彼はまた素晴らしい試合をした。試合後、彼にも祝福を送った。今回のホームとアウェーで何度、彼に止められたか。決定的なチャンスをつくれたことは良かったが、もっと強い相手とやるときにはこんなにもチャンスはない。グラウンドが硬くてボールも走ったが、ボールコントロールの面で少し難しかったかなと思う。ワンタッチがもう少し見たかった。あと何点か取りたかったので、少し残念に思っているところもある」

―埼玉では良い試合をしたが、点が取れなかった。今日はミスも多かったが、得点が取れた。

「グラウンドは比較的良かったが、ボールはかなり速かった。特に前半は美しいアクションをいくつかつくった。理解してほしいのは、何人かの選手に疲労があった。香川は火曜日に着いたので、彼はプレーしたかったが、リスクを冒したくなかった。後半、リズムが落ちたのも疲労の問題だと思う。疲労回復がうまくできなかったのと、暑さもあったと思う。環境への適応で時間がなかった」

―金崎、柏木、清武を先発に起用した意図と評価は?

「彼らの表現には本当に満足している。特に前半だ。彼らは動きを同時につくり出して、かなり興味深いプレーを見せた。金崎は難しい1点目をかなり美しく決めてくれた。もっと点を取れる可能性もあった。清武は守備を低い位置で固めてきた相手に対し、良い組み立てをしてくれた。彼らのアグレッシブさによってボールを高い位置で奪うことができた。柏木にはビルドアップのバリエーションを期待したが、2、3回シュートを打つチャンスをつくり、ビルドアップを効果的にしてくれた。長谷部もゴールできたかなと思う。彼らの規律、野心、やる気は素晴らしかった」

―後半、危ない場面もあったが?

「初めて彼らが危険な状況をつくり出したわけだが、問題は彼らがフリーで打ったこと。我々の左サイドから危険なセンタリングを上げられ、ヘディングもフリーで打たれた。相手はかなり引いてきたが、カウンターアタックでこのようなビッグチャンスをつくり出すこともある。このようなことを予想して、DF陣にはしっかり集中しなさいと伝えていた。特に後半は少しディシプリンが欠けてきて、確かに我々のディフェンスのオーガナイズもよくなかった。そして相手が我々の弱点を1、2回突いてきたということだと思う。ただ、キーパーはほとんどボールを触っていないと思う。数試合、こういう試合が続いている。W杯の予選なので、相手を過小評価してはいけない。まだ我々は世界一になっていないのだから」

―シンガポールというチームが予選を突破してアジア杯で活躍することはできると思うか?

「今後、シリアをホームに迎えて試合をすると思うが、シリアに勝って予選を突破するつもりでいかないといけないと思う。このチームにはクオリティーがあると思う。キーパーは良いし、今日はFWが一人欠けていたことも知っている。(シリアに)勝つチャンスはあると思うし、ホームで勝たないといけないと思う」

―金崎を起用した理由は? 6月から引きずってきた気持ちはどれぐらい晴れたか?

「より良いソリューションを探している最中だ。カンボジア戦でも新しい選手を使うかもしれない。それはリスクでもあるが、できるだけ多くの人数を使ってチームがどんな動きをするか見たい。金崎、柏木に関しては長い時間をかけて追跡していた。私は彼らが自分たちを表現する場を与えた。この2人は素晴らしい試合をしてくれたので、私は正しかったと思っている。私の頭の中には3月の準備も含まれていて、また1人か2人、トライしてみたい選手がいる。最終予選になったら、グループはもっと小さくなっていると思う。そういう人数がだんだん限られてくるが、できるだけ良いチームを探さないといけない。

(シンガポールとの)1試合目に関して私は理解できていなかったし、批判もたくさん受けた。私は元FWなので、これだけ決定機を外し続けたことがなかった。今夜も何度も決定機を外した。もう3、4点取れたのではないか。ゴールを仕留めるところを向上させないといけない。そのために私はここにいる」


●ロシアW杯アジア2次予選特集