パスワークからチーム2点目を決めた本田だが、「全然良くなかった」と自らのプレーに不満を漏らした。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 ワールドカップ・アジア2次予選の日本対シンガポールは11月12日、シンガポールのナショナルスタジアムで行なわれ、日本が3-0で勝利した。
 
 この日、2点目を決めた本田、先制点を挙げた金崎のコメントをお届けする。

●本田圭佑(ミラン/MF)
 
「前半に追加点を取れたので、チームとして落ち着けたんじゃないかと思います」
 
――自分のプレーを振り返ると?
 
「全然良くなかったですよ。内容は反省するところばかりなんですけど、それでもアウェーで勝たなければいけない試合だったので、勝ちは勝ちなので、それは自分たちのひとつの手応えとして評価したいなと思います」
 
――カンボジア戦に向けての意気込みは?
 
「勝って当たり前と思われているかもしれないですが、アウェーでそんな簡単な試合はないので、しっかり気を引き締めて数日間、良い準備をしたいと思います」
 
●金崎夢生(鹿島)
 
――結果を出しました。
 
「嬉しいです。ありがとうございます」
 
――自身のゴールは?
 
「キヨ(清武)が誕生日だったのでね。キヨとはずっとやってきた(大分、ニュルンベルクでともにプレー)。一緒にプレーできて、ゴールできたので嬉しかったです」