前半の2得点に絡んだ武藤は「常に得点も狙っていきたい」と、FWとしてゴールへのこだわりも窺わせた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 ワールドカップ・アジア2次予選の日本対シンガポールは11月12日、シンガポールのナショナルスタジアムで行なわれ、日本が3-0で勝利した。
 
 この日、前半の2得点に絡んだ武藤のコメントをお届けする。

●武藤嘉紀(マインツ/FW)

「(相手が)引いてくるのは分かっていましたけど、それでも裏を狙っていこうと監督にも言われていましたし、その面では何度か良いシーンを作れたと思います」
 
――ヘッドの折り返しでゴールをアシストしたが?

「あれもチームで言っていましたけど、完全に引いてくる相手に対して高さは有効になる。自分のマークについたDFは小さかったので、自分のところに合わせてくれれば、上から叩くことができると試合前に(本田)圭佑くんや(酒井)宏樹と話していた。その狙いどおり良いゴールにつながりました」
 
「アシストできたのは良かったですけど、FWである以上、ゴールは常に狙っていきたい。技術面でも戦術面でももっと良くなっていくと思います」
 
――左サイドでのプレーについては?

「FWの動きになってしまうことも多々あったんですけど、それでも最低限のことはやれたのかなと」
 
「(代表でのプレーに)余裕は徐々に出てきているので、それが良い方向に行くように。今日はたまたま良い方向に行きましたけど、もっと落ち着いて、強引なプレーも出していきたい」