Doctors Me(ドクターズミー)- ご存知でしたか? じつは、冬は便秘の季節です。

写真拡大

普段は便秘にならない人でも、冬場になると便通が悪くなったり…。また、便秘もちの人は、症状が悪化する、といった声も。

じつは、冬場には便秘になりやすいいくつかの要因が、重なりやすいのです。今回は、その原因を見ていきたいと思います。

冬便秘の原因1:運動量が低下するため

冬は寒さが厳しく、暖房やこたつが恋しくなる季節。
そのため、外出の頻度も少なくなり、家にこもりがちになってしまいます。結果的に運動量や代謝量が減少。活動量が減ると腸の動きも鈍くなってしまいます。

〈改善には…〉
運動をすることによって、腸の蠕動運動が活発になったり、腸の善玉菌が増えるといわれているので、冬でも適度な運動を心がけましょう 。家の中でできるような簡単なストレッチや体操でも効果あり。

冬便秘の原因2:我慢してしまうため

便秘の原因として便を我慢してしまうことが挙げられます。冬に限らずですがせっかく便意があっても、すぐに便をしないで我慢してしまうとだんだん便が出にくくなってしまいます。
特に冬場は暖かい場所からトイレなどの寒い場所に移動することが面倒になってしまい 、つい我慢をしてしまうこともあるのではないでしょうか。

〈改善には…〉
便意があれば、すぐにトイレへ。トイレなどに小さなヒーターをおくなどして、寒くても我慢しないような環境にすることも効果的でしょう。

冬便秘の原因3:水分の摂取量が減るため

夏の暑い季節などは喉が渇きやすく水分を摂る機会も増えますが、冬は喉の渇きを感じにくくなりやすいため、自然と水を飲む機会が減ってしまいます。また、空気も乾燥しているので体の中から乾燥して知らないうちに脱水状態になり水分不足になりがちです。体の中に水分が不足すると、便が硬くなってしまい排便困難が生じると考えられています。

〈改善には…〉
冬でも適度な水分補給が必要です。その際、冷たい飲み物は体を冷やしてしまうので、温かい飲み物で水分補給をするのが良いでしょう。
ただし、お茶やコーヒーはほどほどに。カフェインが含まれている飲み物では、利尿作用(尿が出やすくなる)によって便が硬くなるのであまり摂りすぎないようにしましょう。おすすめは、食物繊維が豊富なココア。

冬便秘の原因4:お腹が冷えるため

便秘の人の約7割の人が冷え性に悩んでいると言われています。冬は特に体が冷えやすく、腸の蠕動運動が低下してしまったり、血行も悪くなりがち…。
その結果、腸内には悪玉菌が増加。そして、善玉菌が減少することで便秘が引き起こされます。朝起きた時に、自分のお腹や太ももを触ってみて他の部位よりも、冷たいと感じたら要注意!冷え性の可能性があります。

〈改善には…〉
体が冷えないようにする。とくに、お腹を中心に温めるようにしましょう。体の冷えは、便秘に限らず、健康の大敵です。

(監修:Doctors Me 医師)