今年の冬はこれで決まり!日本代表の新トレーニングウェア、デザインを見る

写真拡大

12日(木)の午前0時00分をもって一斉公開となった、日本代表の新ユニフォーム。

すでに本日の2018年ワールドカップアジア2次予選シンガポール戦で着用されており、これから私たちにとってもお馴染みのアイテムとなること間違いなしだ。

しかし、今回発表されたのはユニフォームだけでない。

日本代表選手たちが代表チームの合流した際に着用するトレーニングウェアのデザインも明らかになっているのだ。

特にこれからのシーズン、冷え込みが厳しくなる。冬から春にかけてちょっと運動する際のスポーティーなアイテムを探している人も少なくないだろう。今回は、adidasの公式ホームページ上で掲載されている日本代表の新たなトレーニングウェアのデザインをご紹介しよう。

2016 サッカー日本代表 Condivo16 ウィンド フーディー ピステトップ

2016 サッカー日本代表 Condivo16 ウィンド フーディー ピステトップ

2016 サッカー日本代表 Condivo16 ウィンド フーディー ピステトップ2

2016 サッカー日本代表 Condivo16 ウィンド フーディー ピステパンツ

2016 サッカー日本代表 Condivo16 ウィンド フーディー ピステパンツ

2016 サッカー日本代表 Condivo16 ウィンド フーディー ピステパンツ2

肌寒い時期や悪天候時にも重宝されそうな“シャカシャカ”素材のウィンドピステ。

袖や裾の部分にはライトブルーのアクセントカラーが入っており、ファスナーを開けた際、襟の部分で二色の切替ができる。

また今回のピステには着脱可能なフードが備わっており、首の部分は立体的な構造になっている。

2016 サッカー日本代表 Condivo16 プレゼンテーションスーツ

2016 サッカー日本代表 Condivo16 プレゼンテーションスーツ

2016 サッカー日本代表 Condivo16 プレゼンテーションスーツ2

選手たちが移動の際に着用したり、記者会見などの時に着るのがプレゼンテーションスーツ。

こちらもフードがついたデザインとなっており、背面には通気性に優れた”ハイパーベンチレーションメッシュ”を採用している。

今回のユニフォームは“史上最も濃い青”というコンセプトだが、プレゼンテーションスーツはかなり明るい色となっている。

2016 サッカー日本代表 Condivo16 トレーニングシャツ 半袖

2016 サッカー日本代表 Condivo16 トレーニングシャツ 半袖

2016 サッカー日本代表 Condivo16 トレーニングシャツ 半袖2

2016 サッカー日本代表 Condivo16 トレーニングショーツ

2016 サッカー日本代表 Condivo16 トレーニングショーツ

2016 サッカー日本代表 Condivo16 トレーニングショーツ


こちらはユニフォーム発表を前にすでに写真が公開されていた、トレーニングシャツとショーツ。

ユニフォームに連動したデザインで、選手の汗と熱気を排出する「ハイパーベンチレーション」機能を背中部に採用している。

【外部リンク】adidas