左から白河タクミ役の千葉雄大、赤羽由宇役の小松菜奈、『黒崎くんの言いなりになんてならない』原作ビジュアル ©「黒崎くんの言いなりになんてならない」製作委員会 ©マキノ/講談社

写真拡大

マキノによる漫画『黒崎くんの言いなりになんてならない』がドラマ化され、12月22日と23日に日本テレビ系で放送される。

【もっと大きな画像を見る】

2016年2月27日から映画版も公開される『黒崎くんの言いなりになんてならない』。ドラマ版では映画と同じく、強引な性格の「黒悪魔」こと黒崎晴人役を中島健人(Sexy Zone)、ファーストキスを黒崎に奪われ、「絶対服従」を命じられるヒロイン・赤羽由宇役を小松菜奈、優しい「白王子」こと白河タクミ役を千葉雄大が演じる。

監督は映画版とは異なり、映画『俺物語!!』『映画 鈴木先生』などを手掛けた河合勇人が務め、黒崎とタクミの友情や対立、由宇の成長などが描かれる。脚本は映画版と同じく松田裕子が担当。

さらに映画版の特報映像が本日11月12日に映画オフィシャルサイトで公開される予定だ。黒崎役を演じる中島健人らの劇中での姿が確認できる内容になるとのこと。