Doctors Me(ドクターズミー)- かくれ脱水に要注意!夏だけじゃない!冬も注意が必要な脱水症状

写真拡大

夏だけではない、冬も怖い脱水症状の原因

夏の間は暑く、汗をかくのでたくさんの水を飲むけれど、冬はあまり水分を取らないという人は多いのではないでしょうか?
また、一般的に冬は野菜や果物から摂取する水分量が夏に比べて少ないと言われており、水分摂取量が減りがちです。さらに、冬になるとエアコンや暖房などにより皮膚の乾燥に悩まされる人も多いのではないでしょうか?
実はこれも脱水の原因とされていて、乾燥すると体から水分が失われやすくなります。

四季を問わず、高齢者や乳幼児は脱水症にかかる可能性が高いのですが、夏に比べ警戒感が下がって油断していると脱水症状に陥りやすくなります。

冬の“かくれ脱水”、どんな症状が出たら要注意?

肌の乾燥が気になったら要注意です。
その他にも、
・口の中がねばねばするような感じ
・体が疲れやすくなった
・めまいや立ちくらみをする
といった症状も脱水が起きている可能性があります。

冬の脱水症状を防ぐ、予防法!

1)水分摂取
まずは水分摂取を心がけるようにしましょう!冬になると食べたくなる“鍋”なども脱水予防には有効です。

2)保湿
乾燥を予防するために、お風呂上がりに体に保湿クリームを塗ったり、加湿器などで部屋の中の湿度を高く保つようにしましょう。外気は室内に比べて10〜20%程湿度が高いそうですので、寒くても窓を空けて空気の入れ替えをするのも有効です。