日本代表MF長谷部誠もシンガポール戦から着用予定! プーマがアメコミ風のポップなスパイクを発表!

写真拡大

▽プーマは12日、ポップアートからインスパイアされたエヴォパワーのニューカラーを発表した。日本代表MF長谷部誠やスペイン代表MFセスク・ファブレガス、フランス代表FWオリビエ・ジルーらが12日の試合から着用する予定だ。

▽このスパイクは1950年代のポップアートをルーツとし、二次元で表現されたグラフィックと鮮やかなカラー、アメリカンコミックのような太い黒線と奥行き感がない表現が特徴。エヴォパワーのテーマであるパワーを象徴する“BAM!!”“POW!” といった文字がプリントされている。

▽新しいデザインにはプーマ フットボールのシーズナルカラーであるオレンジ クラウン フィッシュ、エレクトリック ブルー レモネード、ホワイトが、アクセントとなるイエローとともに採用。かかと部分から前足部のアッパー部分にかけてドットプリントが施され、さらにホワイトのシューレースに施されたオレンジのドットプリントがポップさを増長している。

▽スペイン代表MFセスク・ファブレガスは「今回、私はプーマのこの新しいスパイクに驚かされました。でもとても気に入っています。グラフィックはとてもクールで、私の両足に小さなアートがあるように感じます。このスパイクを着用して、インターナショナルマッチでプレーすることを楽しみにしています。きっと、私の一風変わったスパイクを見て何人かの敵のプレーヤーたちはゲームに集中できないことでしょう」とコメントしている。

▽なお、スペイン代表は13日にイングランド代表と、日本代表は12日にシンガポール代表と対戦する。