<三井住友VISA太平洋マスターズ 初日◇12日◇太平洋クラブ御殿場コース(7,246 ヤード・パー72)>
 国内男子ツアー「三井住友VISA太平洋マスターズ」の初日。「東海クラシック」以来の国内ツアー出場となる石川遼は7バーディ・3ボギーの“68”をマーク。首位と5打差の4アンダー・11位タイにつけた。
国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 「全体的に思うようにいかなかった」と不満が残るラウンドとなった。前半は出入りの激しいゴルフでスコアを伸ばせず。後半こそ4つ伸ばしたが、「6、7アンダーくらいに届きそうだったが上手くいかなかったですね。その中でなんとか付いていこうという感じ」。手応えとは程遠い18ホールだった。
 グリーン上も納得はできない。「良いパットもあったけどまっすぐ打ち切れないところがあった。ミドルパットがもう少しラインに乗ってくると良かった」。16番は3.5メートル、17番では1.5メートルのパーパットを外すなど明日以降に不安を残した。
 そんな中でも収穫はあった。それは3つのパー5でスコアを伸ばせたこと。ティショットを林に入れた18番では上手くリカバリーし、3打目をピン側につけバーディ。後半3番では2オン失敗もグリーン手前のバンカーから1メートルに寄せた。そして「苦手」と話していた6番で「池を恐れず2オンできて2つの良いパット。バーディは何かが良くないと獲れないもの。締めるところで締められた」と価値のあるバーディを奪った。
 もちろん「全体的にはもう少し締めたかった」と合格点はあげられないが、まだ5打差の射程圏。優勝した2010年大会のときは初日に6打差つけられていた。「見ていて楽しいですよね。あそこまで飛ぶんだなぁと記者さんたちと同じ気持ちになってました」と語る米国男子ツアー屈指の飛ばし屋とのラウンドも楽しみながら、3度目の御殿場制覇に向けてジワリジワリとギアを上げていく。
<ゴルフ情報ALBA.Net>