【スーパー戦隊】2016年の第40作メモリアルイヤーへ向け『Project.R』再始動

写真拡大

テレビ朝日系で放送されている人気特撮シリーズ『スーパー戦隊』は、2016年スタートの新番組で、シリーズ第40作目を迎える。その記念すべき年に向け、日本コロムビアよりスーパー戦隊音楽ユニット『Project.R』の再始動が発表された。

『Project.R』は、2008年『炎神戦隊ゴーオンジャー』を機に結成された、スーパー戦隊シリーズの音楽を担当するアーティスト、クリエイターのユニット。日本コロムビアによると、「2016年のスーパー戦隊シリーズ第40作目が放送されるメモリアルイヤーに向けて、精力的に活動を再開」するという。

【関連:『特捜戦隊デカレンジャー』主題歌、Vシネ最新バージョン9月27日サイキックラバーライブでいち早く生披露】

サイキックラバー

再始動第1弾としてまず、11月14日に原宿クエストホールで行われる、Vシネマ『特捜デカレンジャー 10 YEARS AFTER』の発売記念イベントで、『Project.R 復活祭 Vol.1特捜戦隊デカレンジャー 10 YEARS AFTER』が開催される。

『Project.R 復活祭』はライブシリーズとなり、今回のVol.1ではボーカルのYOFFYとギターのIMAJOによるロックユニット『サイキックラバー』が出演。デカレンジャー楽曲を数々の名場面映像とともに演出する。

さらに当日は『特捜戦隊デカレンジャー』の出演者でもある、木下あゆ美(礼紋茉莉花・ジャスミン)と菊地美香(胡堂小梅 ・ウメコ)がゲスト出演することも決定。『特捜戦隊デカレンジャー』の17話から39話までのエンディング・テーマとして放送された『girls in trouble! DEKARANGER』が披露される。
サイキックラバーの演奏の前で木下あゆ美と菊地美香が生歌を披露する、史上初の試みだ。

■木下あゆ美(礼紋茉莉花・ジャスミン) コメント
14日に向けて、少しだけリハーサルをさせて頂きました!
いやぁ、今まではひたすら自主練だったので、バンドの皆さん、美香さん、サイラバのお二人、スタッフの皆様に会うと、仲間がいる!大丈夫!という気持ちになりました。
正直不安なことだらけで気が気じゃなかったんですが、本番までやるべきことは見えたし、あと少し頑張りまーす!!
皆さん、楽しみにしていて下さい。

木下あゆ美

■菊地美香(胡堂小梅 ・ウメコ)コメント
10年経ってもこのように皆様の前で歌わせていただける機会に感謝しています。
ウメコの制服を着て、サイキックラバーさんと生バンドでLIVE!!最高です!!!
映像に合わせて名曲が繋がっていくことで、皆様の記憶を呼び起こし、そして、新たにまた深く刻まれること間違いなしです。
どうぞご期待下さい。

菊地美香

Project.R
<歌手>
NoB、高取ヒデアキ、サイキックラバー、谷本貴義、松原剛志、岩崎貴文、Sister MAYO、五條真由美、押谷沙樹、高橋秀幸、鎌田章吾

<クリエイター>
亀山耕一郎、山下康介、三宅一徳、高木洋、大橋恵、マイクスギヤマ、大石憲一郎、籠島裕昌

※「【スーパー戦隊】2016年の第40作メモリアルイヤーへ向け『Project.R』再始動」はおたくま経済新聞で公開された投稿です