英語って言ったてねえ

写真拡大

「おもてなしの国」などと評判のよさだけが報じられているが、「不満の声も聞こえ始めています」と荘口彰久レポーターが「真相チェイス!直撃御免」コーナーで、外国人観光客の日本への不満を取り上げた。

【不満1】羽田空港でチェコから来た男性の観光客が、タクシー運転手に運賃システムについて尋ねたが、まるで理解できず、「電車で行くことにするよ」。別のタクシーでは、「東京モーターショーまでお願いできますか」に、「???」「アイドントノー」だった。英語の通用度が低いことへの不満が最も多いという。

【不満2】「ゴミ箱が少ない」「ゴミをどこに捨てていいのかわからない」というのもある。やむを得ずリックサックをゴミ箱代わりにしている観光客が多いという。美観を損ねるためにゴミ箱を撤去しているようだが、まったくないのも不便に違いない。

【不満3】「日本語だらけでわからない」「道路標識も建物も漢字の看板が多く、迷ってしまう」。取材した荘口によると、細い路地にも名前の付いているヨーロッパから来た観光客は「日本は道に名前がついていない」と不満を漏らしていたという。「スマホで調べようとしてもインターネットサービスの無料ワイファイがないからどうしていいか迷ってしまう」という。

駅の路線図複雑すぎる

【不満4】「駅では路線図が複雑すぎて切符を買えない」。たしかに、めったに外出しない高齢の日本人が、券売機の路線図をじっと見上げたまま立ち尽くす姿も見受けられる。

【不満5】「たまに駅などで和式のトイレがまだある。気をつけないとウンチがズボンに落ちちゃうよ」「和式トイレで向きが分からず失敗した」

コメンテーター初登場のアメリカの大学で学んだ宮澤エマ(タレント)「道路標識で○○通りをローマ字で書いているけど、外国人には何のことかわからないですよね」

「DORI」という表記ではわからないだろうなあ。

司会の小倉智昭「2000万人を超える外国人観光客を誘致しようと安倍首相が先頭に立ってやり始めていますが、オリンピックまでに英語を話せるようにったってムリだよね」