スリムでマンションなどにも設置しやすい幅60cmの410Lタイプで、大容量冷凍室「メガフリーザー」を実現

写真拡大

シャープは、プラズマクラスター冷蔵庫「SJ-GT41B」を2015年11月19日に発売する。

冷却器ユニットのコンパクト化や庫内レイアウトの高効率化により無効スペースを削減し、150リットルの大容量冷凍室を実現。容量は当社比約20%増と大幅に拡大し、買い物カゴ約4個分の食品を保存できる。

ドアポケットは、サイズの異なる調味料類をすっきり整理できる「段々スパイスラック」を採用。小ビンやチューブのサイズに合わせて見やすく4段に収納できるので、使い忘れや重ね買いも解消できる。

また、ユニバーサルデザインの考え方に基づいた「出し入れラクラクライン」を採用。冷蔵室のドアの高さを床面から約84cmに設定することで、大物野菜や大型ボトルの出し入れが楽にできる。

さらに、冷蔵室にプラズマクラスターイオンを放出し、浮遊カビ菌や付着菌を除菌するので、きれいな冷気が冷蔵庫全室を循環する。

デザイン面は、キッチン空間にフィットする、選べる5色の「キッチンスタイルカラー」を揃えている。多彩なカラーバリエーションでシステムキッチンにコーディネートしやすく、キッチン空間を美しく演出している。

オープン価格。