主人公アーロのママ役の声を担当する安田成美 (C) 2015 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

写真拡大

ディズニー・ピクサー最新作『アーロと少年』の日本語吹替版キャストが決定し、主人公アーロを愛し、臆病な彼の成長を優しく見守るママ役を安田成美が担当することが発表された。

ディズニー・ピクサー次回作『アーロと少年』は人間と恐竜が共存する世界が舞台!

本作は、「もしも隕石が地球に衝突せず恐竜が絶滅していなかったら? そこは恐竜だけが言葉を話す世界」という設定のもと、弱虫でひとりぼっちの恐竜アーロが少年スポットと出会い、壮大な冒険の先に大切なものを見つけていく感動のアドベンチャーファンタジー。

アーロは3兄姉の末っ子で、父親がいないと何もできない弱虫で甘えん坊な性格。兄姉と比べとても体が小さく、ひとりでは何もできない怖がり屋なことから、いつもからかわれている。安田が演じるのは、そんな兄妹にコンプレックスを持つアーロを、どんな時も優しく見守ってきたママ役。自身も3人の子どもを持つ母親であることから起用された。

この起用に安田は「3人の子どもの母親役ということで、実生活ともつながるところがあり、子どもを持つ母親ならではの目線で演じられればと思っております。本作は、壮大なスケールの映像も魅力の一つと聞いているので、大きなスクリーンで観るのが楽しみです!」とのコメントを寄せている。

また、アーロが冒険の途中に出会う強面のTレックス一家の、怖さとの向き合い方を教えてくれる迫力満点の父親ブッチ役を松重豊、好奇心旺盛でどこか抜けている弟ナッシュ役を八嶋智人、おしゃべり好きでおてんばな姉ラムジー役を片桐はいりが演じることも同時に発表されている。

『アーロと少年』は2016年3月12日より全国公開となる。

弱虫の恐竜と少年、ひとりぼっち同士の友情描く『アーロと少年』特別映像
[動画]ピクサー最新作ピクサー最新作『アーロと少年』特別映像
[動画]『アーロと少年』特報
ディズニー新作『ズートピア』のティザーポスターが解禁!