2015年11月12日
TEXT:大谷和利(テクノロジーライター、原宿AssistOnアドバイザー)

10月30日に、Apple TVの出荷が開始された。現時点では、いかにフルモデルチェンジとはいえ、iOSデバイスなどに比べて消費者が競って手に入れようとするような製品ではないため、特に予約もせず、当日の店頭に在庫があれば…程度の気持ちで、その日の朝、ヨドバシカメラ・、マルチメディア梅田とApple Store心斎橋の両方に電話をかけてみた。

返事は、前者が「申し訳ございません。まだ入荷しておりません」。後者が「潤沢にございます」ということで、それならばポイントがつく量販店に品物が回るのも時間の問題と考えて、1日待ってみることにした。

案の定、翌日にヨドバシカメラに直接出かけてみると展示も在庫も「潤沢に」なっており、賑わうApple Watchコーナーの一角で熱心に試用する人も見かけた。32GBと64GBモデルのどちらを選ぶかという問題があったが、iPad Proも控えており、18,400円と24,800円の価格差も考慮して32GBモデルを選ぶことにする。アプリが使えるようになって最初のモデルでもあり、個人的には試金石的な意味合いが強いので、とりあえずはそれで十分だろうという判断だ。

Wi-Fiへの接続作業は、指示に従って既存のiOSデバイスを近づけるだけで必要情報がコピーされて完了する。また、Siri Remoteもペアリングの手間なく、一般的なリモコンの感覚ですぐに使い始めることができた(ただし、スリープ解除時の再接続の際には、ほんの少し待たされることがある)。

発表時のコラムで書いた、アプリ対応と共にAirPlay機能を割愛したのではという心配は杞憂に終わり、iOSデバイスやMac上のプレゼンはもちろん、ゲームやアプリをテレビの大画面で楽しむこともできる。しかし、Apple TV上でネイティブアプリを動かすほうが、手間もなくユーザー体験的にも優れることは言うまでもない。

Siriの日本語での検索は、ことムービーのコンテンツやアプリの起動に関しては快適でほぼ問題なく機能するが、たとえばYouTube内の検索と連動するようなことはできず、天気やスポーツの結果は表示できてもWeb検索はできない仕様だ(詳細は後述)。つまり、問い合わせの対象を限定することで、応答性や結果の的確度を上げていると考えられる。

しばらく日常的に使ってみて感じたのは、Apple TVが、囲い込みの難しいWebの世界から決別するための、アップルのビジネスモデルに沿ったテレビの姿であるということだ。「Apple TV=Apple Non-Web」と言い換えてもよい。アップルは、tvOSの仕様から意図的にWeb関連の機能(HTMLレンダリングエンジンのWebKitや、Webページを管理するUIWebview)を外し、事実上、ネイティブのWebブラウザ開発ができないようにしている。サードパーティが独自に開発することが不可能ではないとしても、アプリ審査ではねられるだろう。当然だが、純正WebブラウザであるSafariのApple TV版も用意されない。



iOSでFlashをサポートしなかった理由として、アップルは、CPUの占有率が高くモバイルデバイス向きではない点などを挙げたが、その一方では自社のApp Storeを介してコンテンツが流通する仕組みを確立する上で、Webブラウザ上で動くFlashゲームやFlashビデオの排除が必要とされたことも無視できない事実だ。

その後、Flashの機能はHTML5によって代替できる方向に進んでおり、それはWeb技術の発展にとっては不可欠かつ歓迎すべき流れだが、アップルのエコシステムにとっては脅威となる部分がある。もちろん、アップルは現在の様々なWebページが提供しているバラバラのユーザー体験に満足しておらず、それを正したいという大義名分も存在する。その両方の意味から、Apple TVではWebそのものを排除することで、アプリによる囲い込みをさらに強固なものとしていく判断に至ったものと推測される。

ちなみに、WebKitはiOSデバイスのためにアップルが推進したオープンソース技術であり、HTML5においても強力なサポーターとなっている。ところが、自社のプラットフォームごとに、それらの扱い方は異なるのである。

たとえば、Mac App Storeはあっても、もはや囲い込みの難しいPCの世界ではHTML5によるオープン化を推し進め、モバイルデバイスでデスクトップ並みの情報収集能力を実現するためにWebKitを普及させてきた。だが、Apple TVではそれら距離を置き、完全にアプリベースの情報環境を構築しようとしている。これは、いわゆるインターネットテレビやAmazon Fire TV(sideloadingという手法でAndroidアプリを利用可)がWebブラウズを許しているのとは対照的である。

自社のメリットを最大化するという1つの大きな目的のために、市場における製品のポジション(パイオニアか、リーダーか、フォロワーか)を見極めて綿密に戦術を使い分ける。そこに、アップルの凄さと怖さがあるといってよいだろう。

■著者の最近の記事
Apple Watch|HERMESの秘密と 次なるコラボのヒント
Apple恒例の秋のスペシャルイベントで Siriは何を話してくれるのか?
Apple Music利用者がぜひ覚えておきたい不具合と対処法
Apple Musicはアーティストとリスナーにとってプラスかマイナスか?
Apple MusicのライバルはAWAやLINE MUSICだけではない-Spotifyとの戦いの幕開け
Apple Musicを3週間使い込んで感じた魅力、そして問題点



[筆者プロフィール]
おおたに・かずとし●テクノロジーライター、原宿AssistOn(http://www.assiston.co.jp/) アドバイザー。アップル製品を中心とするデジタル製品、デザイン、自転車などの分野で執筆活動を続ける。近著に『iPodをつくった男 スティーブ・ ジョブズの現場介入型ビジネス』『iPhoneをつくった会社 ケータイ業界を揺るがすアップル社の企業文化』(以上、アスキー新書)、 『Macintosh名機図鑑』(エイ出版社)、『成功する会社はなぜ「写真」を大事にするのか』(講談社現代ビジネス刊)。