「ピケマチョ」完成!

写真拡大

フードディレクターのさわのめぐみです。

【写真】お肉も野菜もたっぷり! 「ピケマティ」の作り方を写真で見る

「世界の家庭料理を旅しよう!」という素敵なテーマを持つKitchHike。仕事も趣味も料理! そして食いしん坊な私が各国のCOOKさんを訪ねて、体験レポートと再現レシピを公開します!

今回は、なんとボリビア料理!!!

皆さん、ボリビアってどんなイメージがありますか? ウユニ塩湖、チチカカ湖、ティワナクの遺跡とかとか。でも、どうでしょう。ボリビア料理、ボリビアの食べ物って何かイメージはわきましたか?

ボリビア料理ってどんなもの?

ボリビアの地理は大きく分けて、標高3,000m以上の高原地帯、アンデス東嶺の渓谷地帯、国土の大部分を占める広大な平原地帯の三つに分かれています。

お肉は、牛、豚、鶏の他にクイと呼ばれるネズミを食べることもあるそうです。食べ方は内臓を取ってからの丸焼き。ボリビアだけではなくお隣ペルーでも食べられていて、日常的に食べるほどではないそうです。あと、ボリビアならではのお肉はリャマでしょうか。

お魚は海がないので川魚、チチカカ湖で漁れるトゥルーチャという鱒の一種やペペイをスープやフライにして食べるそうです。

それと近年スーパーフードとして注目されているキヌアも、アンデス山脈の高地で数千年前から食用に栽培されている擬似穀物。それから忘れてはいけないのがワイン! 最新の設備で作るワイナリーや200年前の醸造スタイルで作るワイナリーまであるそうです。

チリ、アルゼンチンのワインは良く飲みますが、ボリビアワインってなんだか素敵。とても興味深いですね!

平野部と山岳部では食べ物は変わってきますが、どんな小さな町にも「サルテーニャ」という鶏肉やゆで卵を詰めて焼いたパイのような料理があります。「サルテーニャ」と同じくらい馴染みのある国民食! それが今回ご紹介する「ピケマチョ (pique macho)」というボリビアのソウル・フードなんです。

今回ピケマチョを教えてくれたのは、ボリビア出身のキュートな女性セシル (Cecil) さん。さすがラテン系! 英語でびっくりするようなことを言ったと思ったら日本語で「冗談、冗談!」とジョークを交えつつ、丁寧にお料理を教えてくれました。
ピケマチョのレシピ

ボリューム満点! 牛肉の旨味とトマトをはじめとした彩野菜たっぷり! パーティフードで出したらきっとみんなに喜んでもらえる、そんな楽しいレシピのご紹介です。

*COOKの調理工程を参考に再現したレシピです

材料(6人分)

A. ローストポテト
ジャガイモ 10個
オリーブオイル 適量
塩 少々

B. ソース
トマト 3個
玉ねぎみじんぎり 1個分
にんにくみじんぎり 2かけ
青唐辛子みじんぎり 1本分
ブラックペッパー 少々
クミンパウダー 少々
塩 10g+味を整える程度
オリーブオイル 適量

C. トッピング
トマト 1個
玉ねぎ 1個
ゆで卵 6個
パプリカ黄色 2個
ピーマン 3個
ソーセージ 600g(だいたい4袋くらい)
パセリみじんぎり ひと掴み

D. 牛肉ステーキ
牛の赤身肉 600g
塩 少々
胡椒 少々

ピケマチョの作り方

A. ローストポテト

ジャガイモをグリルします。オーブンを190度に温めておきましょう。
皮をむいたジャガイモをくし切りにカット、すべてのジャガイモにオリーブオイルと適量の塩が絡むように混ぜます。

クッキングシートを敷いた天板にジャガイモをのせて、オーブンで40分間焼きます。

B. ソース

トマトはおろし金でジュース状にしておきます。フライパンで、みじんぎりにしておいた玉ねぎ、にんにく、青唐辛子をオリーブオイルで炒めます。ある程度野菜の香りがしてきたら、ジュース状にしたトマト、ブラックペッパー、クミンパウダー、塩を入れ弱火で水分量が1/3減るくらいまでひにかけたら火を止めます。

C.トッピング

トマト、玉ねぎ、ゆで卵はくし切りに。パプリカ、ピーマンは種を取って太めの千切りに。

ソーセージは斜めにスライス。ゆで卵以外をフライパンで少し色が付くくらいまで炒め、トッピングの準備をしておきましょう。

D. 牛肉のステーキ

幅1cmくらいにカット。フライパンで完全に火が通るまで炒め、塩、胡椒で味を調えます。

仕上げ

出来上がった牛肉にソースを絡めましょう。ローストポテトの上にソースで絡めたトッピングを乗せ、バランス良く盛り付けて出来上がり! ソースをよく絡めてからいただきましょう。

完成! 大人10人分はありそうな大盛り。ボリビア人は、3人でぺろっと食べてしまう量だよ、とセシルさん。

完成を記念してエプロン姿でツーショット!

出来上がったピケマチョを皆で取り分けていただきます! とってもおいしく仕上がりました。クミンの香りがこんがり焼かれた牛肉ととても良く合っています。

どの具材も大ぶりで食べごたえアリ! パプリカも、ピーマンも、トマトも、ゆで卵も、それぞれ味を引き立て合い、舌の上で肉やスパイスの風味と混ぜ合わせると、さらにおいしく感じられました。

セシルさん、今日は本当にありがとうございました!

<KitchHike>
旅行先で、現地の人の家庭料理を現地の人といっしょに食べちゃおう。KitchHikeは料理を作る人と食べる人をつなぐマッチングサイトです。世界の家庭料理を旅しよう!