「ORIHICAは、ボタン一つとってみてもこだわりがある」

写真拡大 (全2枚)

紳士服を企画・販売するAOKIが展開するブランド「ORIHICA(オリヒカ)」は、俳優の松坂桃李さんをイメージキャラクターに起用し、2015年秋冬シーズンに、同ブランド初のテレビCMを、関東・関西・中京・宮城県で放送している。

CMで松坂さんは、今季のテーマカラー"NAVY&BLACK"のスーツをまとい、誰もいない大都会を1人歩く。街灯はついているのに、タクシーなどは放置されたまま。無人なのか、あるいは時が止まっているのか――。「もしも、 世界に 僕しか いなくなった としても、 僕は、 僕の、服を着る」とつぶやく。

松坂さんは男性ファッション誌「FINEBOYS」の専属モデルとして芸能活動を始め、同誌で3年以上連載ページを続けている。服に対する感度は人一倍高く、同年代の若者が手本とする存在だ。そんな彼が気に入っているアイテムの1つがORIHICAのスーツ。いったいどのへんに惹かれているのか――。東京・表参道にあるORIHICAプレスルームで話を聞いた。

「分かる人には分かる」上品さがある

――普段の松坂さんはラフな脱力系ファッションが好みだそうですが、舞台挨拶に登場するときはスーツでバシッと決めている印象を受けます。私服のときと比べて、感情や気持ちに変化はありますか。

「スイッチのオン・オフというか、着るとシャキッとして、背筋がピッとします。『ここから向かうぞ!』という感じがします」

――スーツを選ぶとき、どういった点を重視していますか。

「シルエット、色味、素材感、この3つですね。触ってみて『あっ、これはいいかも』と思って羽織ると、自分の体にフィットしているか、シルエットが自分の体に合っているか、割とすぐに分かります」

「色は黒やネイビー、グレーが僕個人としては好きですね。(CMのセリフと重なるが)『自分の着たいスーツを着る』を大事にしています」

――若いころはロックスタイルが好きだったそうですね。

「高校時代はそうでしたね。現在の年齢は27歳ですが、大人としての身だしなみのステップアップというか、スーツ自体にそんな力を感じるときはありますね」

――ロックの本場といえば英国ですが、ORIHICAのスーツは同国出身のデザイナーが手がけています。どの点に惹かれますか。

「主張しすぎないところが好きです。よく見ると『分かる人には分かる』上品さとオシャレがあります。例えば、ボタンはちょっと手が込んでいて、色が変わっていたりとか、よく見ると、『こういうところにちょっとしたこだわりがあるんだな』というのが随所に感じられます。(機能面に着目すると)動きやすくて、窮屈感が全然ないんですね。すごく細身でスッとしているんですけど、どのスーツに袖を通しても違和感がない。『ずっと着ていられる』。それがORIHICAのスーツの魅力です」

――例えば、このプレスルームに陳列されているスーツの中から1点選ぶとしたら、どれをチョイスしますか。

「うーん、どれがいいだろう。あっ、これグリーン――違うか。グリーンのように見える色。いい黒ですね。どれもいいですね。(今度は別の商品を手に取り)これは上品でいいですね。裏地も気になる......。茶色な感じが好きです。これ! これにします」

――こちらを選んだ理由を教えてください。

「上品な黒です。それから素材感も――。この生地はなんですか(と横にいたスタッフに尋ねると、『ウールです』と答えが)。そうか、ウール素材に惹かれたんだと思います」

カッコよくスーツを着こなせるような男性に、いつかなりたい

――普段のファッションスタイルについてお尋ねします。自分へのごほうびに服を買ったりすることはありますか。

「上質なものを身にまとうことが、仕事以外のときは意外とないんです。なにか重要なとき――例えば作品の打ち上げや、色々な人たちが集まる場所に行くときに備えて、自分の中で1・2着くらい持っておこうということで買ったりします」

――ワードローブに入っている洋服は多いのですか。

「そこまでは多くないですね。割と着まわすので」

――ORIHICAのスーツは、ビジネスやパーティー、週末のお出かけなど、シーンによって着まわしできることがコンセプトと聞いています。松坂さんと相通ずるところがありますね。

「(うんうんとうなずきながら)いやー、助かると思いますね」

――これまで数々のドラマや映画に出演し、11月7日から全国公開される「劇場版MOZU」では権藤剛役で出演されるそうですね。多くの先輩俳優のスーツ姿を見てきたなかで、着こなしの手本としたい人はいますか。

「『日本の一番長い日』で共演した本木雅弘さんです。スーツ姿があまりにも似合っていて......。それはもう、見ほれてしまうくらい素敵でした。ちょっとセクシーなんですよ。ピシっと着こなしていてダンディ。『こんなにスーツの似合う男性はいない』と思いました。着せられている感が一切ない」

「あれくらいカッコよくスーツを着こなせるような男性に、いつかなりたいですね」