来年のBluetooth は距離4倍・速度2倍で応答速度向上、IoT向けメッシュネットワークを強化

写真拡大

Bluetooth の規格化団体 Bluetooth SIG が、2016年にかけての技術ロードマップについて発表しました。

新規格では Bluetooth Smart の通信範囲は最大で4倍、通信速度は消費電力そのままで2倍に向上するほか、応答速度も高速化される予定。さらにBluetooth機器どうしがお互いに通信するメッシュネットワークなど、いわゆるもののインターネット、IoT向けの拡張が施されます。

Bluetoothといえば、かつては音質も範囲も信頼性も芳しくないユーザー泣かせ規格の代表格でしたが、スマートフォンの急速な進歩普及とともに近代化が進み、特に低消費電力のBluetooth Low Energy を取り入れた Bluetooth 4.0 / Bluetooth Smart からは、ウェアラブルをはじめ周辺機器とのかんたん接続や通信でユーザーの人生を(比較的)楽にしつつあります。

Bluetooth SIG が 2016年のBluetooth ロードマップとして明らかにしたのは、Bluetooth Smart の通信速度が最大4倍、通信速度は消費電力を増加させず2倍、応答速度(レイテンシ)の向上など。

さらに、「スマホと周辺機器」のように親機子機の関係ではなく、家電や産業機器などがお互いに通信してネットワークを作るメッシュネットワークの仕組みも規格として導入されます。メッシュネットワークに対応すれば、たとえばセンサーネットワークを構築する際にも、一定範囲ごとにホストとなるハブを設置することなく、センサーどうしが通信してビル全体を覆うといったことが可能。

通信範囲の拡大やメッシュネットワークも含めて、そろそろバズワードから地道な実装段階にある IoT、 Internet of Things 用途を強化する内容です。上記の発表内容はBluetooth SIGによれば「2016年ロードマップ」。正式に策定され実際の製品に導入されるのはもう少し先の話です。