写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アライドアーキテクツは11月11日、Instagramユーザーが撮影した商品画像を通販サイトで収集・利用できるというASPサービス「ブツドリソーシャル」の提供を開始した。

価格は、初期費用が10万円から、月額料金は3万円から。サービスの導入第1弾として、通販化粧品・通販コスメ「ライスフォース」を展開するアイムが、通販サイト商品のイメージカットとしてInstagramユーザーが撮影した商品写真の掲載を開始した。

新サービスは、Instagramユーザーが投稿した商品の写真を自動的に収集・蓄積し、通販サイト上でイメージカットとして利用できるという、通販事業者向けのUGC(User-Generated Contents)活用支援サービス。

一般的に、商品を手にとって見ることができない通販サイトでは、多様な角度で撮影した商品写真によって使用感やサイズ感などを表現しており、これらは購買の有無を決定付ける大きな要素の1つになっているという。

一方、通販サイトが掲載する画像の多くはスタジオなどで撮影した無機質な商品画像が中心であり、「よりリアルな使用感が知りたい」といった消費者ニーズには対応しきれていない状況にあったとしている。

同サービスでは、消費者がInstagram上に投稿した商品写真を、キャンペーンやハッシュタグを用いて収集・蓄積し、ワンタッチで通販サイトに表示可能とのこと。これにより、従来の商品画像だけでは伝わりづらい、リアルな消費シーンを通じた生活者視点の商品特性の訴求が可能となり、購買率の向上が期待できるとしている。

また、複数の写真をサイトに表示してそれぞれの購買率を可視化・比較するといったA/Bテストも容易に実施できるため、UGCを活用した通販サイトの最適化にも繋げられると同社はいう。

また同サービスでは、国内最大規模という360名を超えるInstagramユーザーをネットワーク化しインフルエンサー・マーケティングを手がけるタグピクと連携、Instagramユーザーに商品写真の撮影を依頼できるオプション・サービスを提供する。特に若年層の女性に人気が高いというInstagramユーザーを起用することで、よりターゲット層と親和性の高い商品写真を収集することが可能になるとしている。

その他、購買率の高い画像を利用したSNS広告の配信代行など各種のオプションメニューを用意しており、マーケティングの目的や予算に合わせて利用できるとのこと。

同サービスは、商品の収集・利用の基本機能を提供する「シンプルプラン」(初期費用は10万円から)および、フォトコンテストなどのキャンペーンによって短期間でより多くの画像を収集する「プロモーションプラン」(初期費用は80万円から)の2種の導入プランを展開。月額3万円の月額料金に加え、インプレッションによる従量課金制を採用し、効率的なサービス導入が可能としている。

(山本善之介)