「秒速ダッシュ暖房」と「パワフル気流」を搭載!

写真拡大

東芝ライフスタイルは、約30秒で高温の風が吹き出す「秒速ダッシュ暖房」と、すばやく暖かさが広がる「パワフル気流」を搭載した「プラズマ空気清浄機能付エアコン DRシリーズ10機種」を、2015年11月下旬に発売する。

「秒速ダッシュ暖房」を搭載

暖房運転の開始後、約30秒で約40度の高温の風が吹き出す「秒速ダッシュ暖房」を搭載。また、室内機の正面約25メートル(左右約15メートル)まで温風が届く、高性能室内ファンとダブルビッグルーバーによる「パワフル気流」によって、足もとまですばやく暖める。

「秒速ダッシュ暖房」は1日2回の時刻予約の設定が可能で、使用にあわせ予約時刻から2時間以内ならいつでも対応できるほか、「人サーチセンサー」との組み合わせによって快適気流の「風よけ」設定で、暖房の風を直接人に当てない運転もできる。

新たに開発した「プラズマ空清」は、部屋を暖めながら空気の汚れを除去。適用床面積20畳相当の家庭用空気清浄機の集じん性能を発揮して、空気中に浮遊するウイルスを99%抑え、PM2.5や花粉、カビや細菌も99%除去する。

エアコンの内部を清潔に保つため、「プレミアムクリーン」機能を搭載。運転停止後にすべて自動でエアフィルターの清掃や、送風路のカビ発生を抑制する乾燥運転、「マジック洗浄熱交換器」の自動洗浄や「プラズマ空清」によるエアコン内部の脱臭と付着菌の減少を行う。

加えて、ダストボックスに溜まったエアフィルターのホコリを掃除機で、付属の掃除ノズルを使ってダストボックスを取り外すことなく吸い出せる「楽ダストボックス」を新たに搭載した。

なお、寒冷地向けルームエアコンの新製品として、外気温度マイナス27度で運転可能な「DRNシリーズ」4機種を、9月下旬に発売する。

いずれも、オープン価格。