JAMSTECをイメージした本格派高性能ダイバーズウオッチ登場!

写真拡大

セイコーウオッチ(東京都港区)は、本格的スポーツウオッチシリーズ「セイコー プロスペックス」から「国産ダイバーズウオッチ誕生50周年記念 JAMSTEC(海洋研究開発機構)スペシャルモデル」を2015年11月13日に発売する。

水深1000メートルでの圧力にも耐えられる

「セイコー プロスペックス」は、ダイビングをはじめ極地などのハードシーンにも対応する本格スポーツウオッチブランド。1965年に国産初のダイバーズウオッチを発売して以来、50年に渡って過酷な環境で安全に使用できるよう、開発を続けてきたという。

新製品はヘリウムなどから構成される高圧の混合ガスを使用する潜水方式(飽和潜水)用の防水仕様で、水深1000メートルでの圧力にも耐えられるプロフェッショナルユースのダイバーズウオッチだ。世界の海に潜り研究を重ねているJAMSTECをイメージしたスペシャルなモデルになっている。

深海をイメージした緑がかった深いブルーの純鉄ダイヤルに、波を彷彿とさせる美しい型打ち模様を施し、ダイヤル上の"HI-BEAT(ハイビート)36000"の文字にはJAMSTECと海をイメージした鮮やかなブルーを採用した。また、チタン素材のケースとバンドには、日常使いの擦り傷や小傷から保護する独自表面加工技術「ダイヤシールド」が施されている。

また、毎時3万6000回(毎秒10振動)という高速振動によって、安定した精度を実現するメカニカルムーブメント「8L55」を搭載。さらに、限定モデルの特別仕様として、裏ぶたには「LIMITED EDITION(リミテッド エディション)」とシリアルナンバーが刻印され、深海をイメージした限定BOXに収められている。

数量限定500本、価格は65万円(税別)。