ついに先行予約を開始した、サムスンのGear VRヘッドセット

写真拡大

サムスンは11月10日(現地時間)、VRヘッドセット「Gear VR」の米国での予約受付を開始した。対応スマートフォンのヴァリエーションは期待よりも多い。これで、話題のあのゲームの世界を満喫できそうだ。

「ついに先行予約を開始した、サムスンのGear VRヘッドセット」の写真・リンク付きの記事はこちら

「Gear VR」ヘッドセットのコンシューマー向け製品(99ドル)の先行予約が開始されている。サムスンのヘッドセットは、ディヴェロッパー/イノヴェイター版として、幸運なベータ版体験者の手には、すでに渡っている。しかしOculus VRと共同開発されたヘッドセットの一般消費者向け販売は、今回が初めてとなる。出荷予定は11月20日の予定だ。

この製品は、初期モデルの外面のみを変えたようなものではない。Oculusによれば、Gear VRヘッドセットは19パーセント軽く、使いやすさを向上させる新型のタッチパッドを含め、「人間工学的な機能の向上」も図られているという

最も嬉しいニュースは、Gear VRに対応するサムスンのスマートフォンがさらに増えたことだ(「Galaxy S6 Edge」「S6」「Note 5」「S6 Edge+」。後半の2機種は通信事業者のソフトウェアの更新が必要)。

そして、たくさんの新作ゲームもある。その新作のなかでも、おそらく最も楽しみなのは「Land’s End」だろう。「Monument Valley」の開発チームが製作した古代文明を舞台にしたゲームで、ヴィジュアルが素晴らしい。

関連記事「Monument Valley」開発チーム、VRゲームに挑む

Gearは、魅力的なVRヘッドセット製品のひとつにすぎない。しかし多様なメディアと積極的に連携をはかり、消費者にVR体験を提供することで、ユーザーに選ばれる立場を確保している。その魅力は、すでにNBAの試合や政治討論などで体験済みだ。しかも価格は、100ドル以下なのである。

TAG

Gear VROculus RiftSamsungVirtual RealityWIRED US