セガグループのインデックスは11日、小説でもマンガでもない「トークアプリ風」読み物フォーマット「ストリエ」の正式版サービスを開始した。「ストリエ」とは、ストーリーとイラストを組み合わせたこれまでにない「トークアプリ風読み物フォーマット」。

 同サービスは5月11日から、誰でも無料で投稿・閲覧できる読み物サイトとして、β版サービス(Web版のみ)が提供されていた。今回の正式版サービスでは、寄せられた意見を反映させ、サービスを拡充したスマホ用アプリの提供を開始する。

 また、同時に出版社から出版されている45タイトルの公式連載を開始。45タイトルの作品を「ストリエ」独自のフォーマットでコンテンツ化し無料で提供する。それぞれのレーベルごとにチャンネルが開設され、日曜日から土曜日まで毎日連載される。さらに、β版サービス時に投稿された約5,000作品のなかから、「ストリエ」が独自に選出した3人のクリエイターが、「ストリエ公式」チャンネル内で連載を行う。