無料開放日も!赤坂に都内最大級の屋外アイスリンク「White Sacas」登場

写真拡大

浅田真央選手や羽生結弦選手などの活躍で、スケートの話題が多くなるシーズン。都心でもデートにおすすめのスケートリンクがそろそろオープンしているみたい。赤坂の冬の風物詩となった都内最大級の屋外リンクをチェックして。

2015年11月27日(金)から2016年2月14日(日)まで、「赤坂サカス」では屋外スケートリンク「White Sacas(ホワイトサカス)」がオープン。都内最大級のスケートリンクであるこちらは、今年で8回目の開催。

休日はもちろん、夜間も21時まで営業するので、平日の仕事帰りにも行けるのが嬉しいところ。さらに、クリスマスイブや大晦日などは21時以降も延長の予定とか。

「11月27日(金)はプレオープン日として、滑走料(1日1200円)と貸靴料金(500円)が無料になります。事前予約は必要なく、当日12時のオープン時間に来場すれば、どなたでもリンクの初滑りを楽しんでいただけます」と、広報担当者さん。

都会の真ん中で、本物の氷を使ったスケートが堪能できるリンクは、プロのスケーターも認めた本格的なものとか。期間中にはスケート教室などの開催も予定されているそうなので、もっと上手になりたいという女子はホームページで確認を。
また、リンクの周辺には、2015年11月5日(木)から2016年2月25日(木)までイルミネーション「赤坂サカス 音×テラス 2015-2016」が登場。約1670万色もの表現ができるLED「バーティカルチューブ」を使って、彩り豊かに光の華を咲かせる。

このイルミネーションをプロデュースするのは、TBSの音楽番組などを手がける美術チームで、テーマは「光と音のシンクロニシティ」とか。

「赤坂サカス内の『赤坂ACTシアター』で上演されるミュージカルのナンバーともコラボレーションしています。オリジナルの世界観を持ったイルミネーションをぜひご覧ください」(同)

音と光の美しいイルミネーションに彩られた赤坂サカス周辺。都心に現れた銀世界で、彼とのデートを楽しんで。