2年連続出場のB・ワトソン、どんなプレーを見せてくれるか(撮影:ALBA)

写真拡大

<三井住友VISA太平洋マスターズ 事前情報◇11日◇太平洋クラブ御殿場コース(7,246 ヤード・パー72)>
 「このコースはとても好き。雰囲気が良く素晴らしい舞台に戻ってこられてとても嬉しい」。マスターズを2度制しているバッバ・ワトソン(米国)が今年も「三井住友VISA太平洋マスターズ」に出場する。
国内男子ツアーをフォトギャラリーで振り返る!
 昨年は首位タイスタートを切ったものの3日目に“77”と大失速。「巻き返せなかった」と24位タイで4日間を終えた。
 今年の目標はもちろん「去年以上」。「良い日もあれば悪い日もあるのがゴルフですが、4日間良いプレーをしたい。できれば優勝したいですね」。10番パー4(401ヤード)で350ヤードドライブを見せるなど鮮烈なプレーを披露したギャラリーに、今年はカップを掲げる姿を見せたいところ。
 もちろん、そう語れるのも自身の状態が良いからに他ならない。「先週の上海では大きなミスをしてしまいましたがすごく感触は良い。いい調子で試合に臨めそうです」。富士山のお膝元という土地柄、寒さも気になるところだが「ボールが飛ばなくなったりしますが、色々なコースでやっていますし大丈夫です」と意に介する様子はない。
 今年は同じ米ツアーメンバーの石川遼と予選ラウンド同組。「彼はとても良いプレーヤー。アメリカと移動がある中でもいいプレーをしているし、若いからゴルフがどんどん上達していますね」。一目置く日本のスターとのペアリングを歓迎する。
 プロアマ出場後はドライビングレンジでアイアンを入念にチェックしたワトソン。ファンの度肝を抜くプレーで沸かせる準備は万端だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【WITB】
ゴルフ美人が通算100名以上!「美ゴ女」