切符のパンチカスで電車を描いたドットアートが凄いと話題に 製作した駅職員「もう二度としない」/画像提供:たっくん(@Ta9mi9)さん

写真拡大 (全5枚)

切符のパンチカスでつくったドットアートの繊細で素晴らしい出来栄えと、製作者の苦労がにじみ出たコメントが話題になっている。


大阪市営地下鉄・西梅田駅の地下通路に、ホームに停車した電車の白黒画像が展示されている。これは「四つ橋線開通50周年」を記念した展示の一部。一見、開通当時のモノクロ写真のようだが、近づくと白と黒の丸い紙を貼り合わせたドットアートだということがわかる。


このドットアートの素材は、153,600粒もの切符のパンチカス。切符の利用区間や料金、日付などが印刷された白ベースの表面と黒い裏面の明暗を組み合わせて、1990年に登場した新20系電車を再現している。パンチカスを1枚ずつピンセットつまんで貼り付けたというこのドットアートは、西梅田駅の職員が約300時間かけて製作したものだという。この作品へ製作者は「もう二度としない」と一言だけコメント。掛かった労力は計り知れない。