定額制音楽配信アプリによって「毎日音楽を聴く」人の割合は1.2倍に増加――AWA調べ

写真拡大 (全3枚)

AWAが運営する、サブスクリプション型(定額制)音楽配信サービス「AWA(アワ)」は、全国の15歳〜59歳の定額音楽サービス利用者男女600名と全国の15歳〜59歳のAWA利用ユーザー3,000名を対象に「音楽配信サービス利用実態調査」を実施した。

■サブスクリプション型音楽配信アプリの利用により、音楽を聴く時間が「増えた」のは8割以上

サブスクリプション型音楽配信アプリを利用する前後で比較し、音楽を聴く時間が増えたかという質問に対しては、83%の人が「増えた」という結果になり、大半の人が音楽への接触時間が増えたことがうかがえる結果となった。定額料金で聴き放題となるため、新曲との出会いだけでなく、旧譜にも触れる機会が増加したことで、音楽を聴く時間が増えたと予測される。

■毎日音楽を聴く人の割合は、サブスクリプション型音楽配信アプリの利用により1.2倍に

サブスクリプション型音楽配信アプリを利用する前後で比較すると、音楽を聴く頻度が「毎日/ほぼ毎日聴く」という人が1.2倍に増え、全回答者の半数以上が毎日音楽を聴いていることが分かった。さらに「週に1回以上」という人も含めると、全体の87%が週1回以上音楽を聴いているという結果に。中でも年代と性別でみると、35歳〜39歳男性の「毎日/ほぼ毎日聴く」という人の伸び率が最も高く、利用前と比べると約1.7倍という結果になった。かつて音楽に多く触れていたであろう層が、定額制の音楽アプリの登場によって懐かしい曲との再会を多く果たし、音楽を聴く時間が増えたことがうかがえる結果となった。

■現在無料利用者のうち、6割以上が有料利用に前向き

現在、もしくは直近まで無料で利用していた人に対して、無料期間終了後に月額料金を支払い利用する予定があるかどうかを聞いたところ、すでに「有料で利用する予定」という人が18%、まだ決めておらず「検討中」の人も含めると64%が有料での利用に前向きであるという結果になった。先の項目の音楽との接触頻度が増えている傾向と合わせて、毎月定額の料金を払い音楽を楽しむ、という新しい音楽の視聴形態が受け入れられてきている結果となったとのことだ。

※調査概要
「サブスクリプション型音楽配信サービス利用実態調査」
調査対象:全国の15歳〜59歳のAWA利用ユーザー1,700名
調査方法:インターネット調査
調査対象:全国の15歳〜59歳のサブスクリプション型音楽配信サービス利用ユーザー3,000名
調査方法:インターネット調査

■AWA(アワ)

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・ラーメンマニア必見!人気男性声優4名のレシピレクチャーに話題沸騰中!マルちゃん「ボイスレシピ2」
・第一弾は、新橋周辺から、500円均一でランチできる「ポンパレランチチケット」の試験販売を開始
・スクーがオンライン動画学習サービス「schoo WEB-campus」利用者への調査結果を発表
・ついに民放のテレビ番組が簡単・便利に無料で視聴可能に!「TVer (ティーバー)」がスタート
・10月25日、M3秋で桃箱×mikoミニアルバム「ろりぽっぷちゅうぉーぢゅ」頒布のお知らせ