写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソリトンシステムズは11月10日、Boxと共同で、ファイル共有・コラボレーションプラットフォーム「Box」の情報漏洩対策ソリューションを提供すると発表した。

ソリューションは、ソリトンのWebアクセスに特化したリモートアクセス製品・サービス「Soliton SecureBrowser」と「Box」のアクセス制御機能を連携。アクセス経路に応じた「Box」の利用制限や、デバイス認証、セキュアなドキュメント閲覧が可能となる。

提供される機能の1つである「アクセス経路に応じたBoxの利用制限」では、社外からの「Box」利用を閲覧のみに限定できる。セキュアブラウザアプリ「Soliton SecureBrowser」を使用して「Box」にアクセスすると、専用ゲートウェイを介して「Box」に接続される。その際に「Box」の接続元IPアドレス制御機能を用いることで、社外での標準ブラウザやBoxアプリからの利用を禁止できる。セキュアブラウザでは「Box」のWeb閲覧のみ許可され、データのダウンロードは許可されない。ブラウザのキャッシュデータは自動消去されるので、端末紛失による情報漏洩を防ぐ。

もう1つは、電子証明書による強固なデバイス認証による、不正端末からの「Box」利用をブロックできる。通常ブラウザでは専用ゲートウェイを経由できないため、「Box」へのアクセスを防げる。「Box」の接続元IPアドレス制御機能を利用して、社外からの「Box」利用をセキュアブラウザに一本化できる。

ほかに、セキュアブラウザによる「Box」のWebドキュメントプレビュー機能がある。セキュアブラウザ内に搭載した独自ドキュメントビューワーによって、パスワード付Officeファイルの閲覧やZipファイルの解凍・閲覧が可能で、ドキュメントビューワーで表示されたファイルは自動消去される。

クラウドサービスとなるSoliton SecureBrowserサービスの初期費用は10万円〜で、月額基本費用(100ユーザー込)は3万円〜。追加10ユーザーの月額費用は3000円となる。一方のアプライアンス製品「Soliton SecureGateway」はEntry Model(SSG-ST81-A-E)で本体が100万円〜。これには100ユーザー無期限使用権と初年度センドバック保守が含まれている(いずれも税別)。