写真提供:マイナビニュース

写真拡大

フォーティネットは11月11日、ハイエンド向け次世代ファイアウォール「FortiGate-3200D」および、ミッドレンジ向け「FortiGate-600D」の販売を開始した。参考価格はいずれも税別で3200Dが2534万6000円、600Dが316万8000円。

3200Dは、データセンターなど要件の厳しいネットワーク環境に対応するセキュリティアプライアンスで48の10GbEインタフェースを装備しているほか、独自開発のFortiASICプロセッサと最新のマルチコアCPUを採用。

また、ネットワークのボトルネックになることなく、多様なコンテンツベース/接続ベースの脅威から企業や組織を保護することに加え、同製品に搭載されているFortiOSではトラフィックの可視化、きめ細かい制御機能、堅牢なネットワーキング機能など、直感的な管理インタフェースによる幅広いセキュリティ機能が利用可能。

そのほか、最新の脅威に対応するセキュリティサービス、各企業ニーズに合わせたサポートサービスなども用意されており、データセンターにおけるネットワークのセグメント化および内部ネットワークに対する脅威に備えるソリューションとしている。

同製品のファイアウォールスループットは80Gbps、IPSスループットは14Gbps、レイテンシは3マイクロ秒、同時セッションは5000万、登録エンドポイントサポート数は2万。

一方、600Dは大規模な支社などに最適な次世代ファイアウォールで、市場における同等製品の5倍の速度にあたる36Gbpsを提供するモデル。2つの高密度10GbEポートを含む複数のインタフェースを備えるほか、独自開発のFortiASICプロセッサを搭載している。

加えて、脅威侵入防止性能とアプリケーション制御、そしてVB100アワードを獲得したマルウェア対策が1台で利用可能となり、脅威に関する詳細なレポート機能、さらにネットワークアクティビティの可視化と制御ができるという。

同製品のファイアウォールスループットは36Gbps、IPSスループットは7Gbps、レイテンシは3マイクロ秒、同時セッションは550万、登録エンドポイントサポート数は2000となる。