2015年の納めの場所となる大相撲11月(九州)場所が8日、福岡国際センターで初日を迎えた。横綱昇進後、初の休場明けとなる白鵬(宮城野部屋)、2場所連続休場から復活を期す日馬富士(伊勢ヶ浜部屋)など上位陣の動向が気になる場所だが、幕内でフレッシュな風を送り込む力士が現れた。

 初土俵からわずか4場所で新入幕を果たした御嶽海(出羽海部屋)だ。東洋大4年だった昨年、学生とアマチュアでともに横綱に輝き、幕下10枚目格付け出しで、今年の春場所でデビューした大器。所要2場所で新十両に上がり、7月場所で優勝。先場所も12勝を挙げ、トントン拍子に出世の階段を駆け上がった。

 初土俵から4場所での新入幕は昭和以降で史上2位のスピード記録。あまりのスピードにまげは結えず、ザンバラ髪のままの新入幕となった。さらに長野県出身としては、43年ぶりの幕内力士の誕生で、後援会が結成されるなど、出身地の木曽町をはじめ県全体で御嶽海フィーバーが沸き上がっている。

 魅力は真っ向からの突き押しだ。178センチ、145キロの体で弾丸のように相手へ飛び込んでいく。入門前から、同じ東洋大出身で元幕内・木村山の岩友親方(春日野部屋)が「前に出る圧力なら今でも幕内で通用する」と太鼓判を押していた、パワーと気っ風のいい取り口が最大の武器だ。「緊張した」と振り返った初日は、幕内で2番目の年長力士となる36歳の豪風(尾車部屋)と対戦。立ち合いの圧力と相手の力を利用しながらのいなしが得意な相撲巧者に、横から攻められても体勢が崩れず完勝。2日目も三役経験者の高安(田子ノ浦部屋)を得意の突き押しで一気に押し出し、最高のスタートを切った。2年前の遠藤(追手風部屋)、昨年の逸ノ城(湊部屋)と同じようなザンバラ旋風が博多の町に吹き荒れる予感がしてきた。

 日本相撲協会によると大学出身力士は、これまで206人。そのうち、十両以上の関取に昇進したのが114人と半数以上は月給が支給される地位への昇進を果たしている。

 しかし、最高位の横綱に昇進したのは、1970年初場所で初土俵を踏んだ日大出身の輪島ただ1人。大関も1961年春場所に東農大から初土俵を踏んだ豊山(時津風部屋)から、2007年名古屋場所後に昇進した琴光喜(佐渡ヶ嶽部屋)まで7人(輪島を含む)しかいない。中でも御嶽海と同じように学生時代に輝かしい成績を収め、幕下付け出しの資格を得てデビューした力士は93人いる。いずれも将来は「横綱か。大関か」と大きな期待をかけられプロの門を叩いたが、結果的には付け出しでデビューした力士で大関まで昇進した力士は、1割にも満たない厳しいデータが出ている。

 高い能力を持ちながら、三役の壁を突破できない学生出身力士が多い背景には、志とプロとしての目的の問題がある。中学や高校を卒業し、故郷を捨て角界に飛び込む力士には、「この世界で生き残るしかない」という強迫観念にも近いハングリーさがある。今、土俵を席巻するモンゴル勢は、その典型。かつて朝青龍にこう言われた。

「オレらは、もう帰る場所はない。ここで勝ち続けないと生き残れないんだ」

 彼らは母国では得られない大金と待遇を得ようと毎日、後がない状況に自らを追い込み、稽古を重ねてきた。母国の先輩、同期が同じように汗を流す姿を見て、切磋琢磨した結果が今のモンゴル時代を築き上げたのだ。

 一方、学生出身力士は、社会的には大学卒という「学歴」を手にしている。土俵を捨てても生きていく手段は担保している。加えて、土俵に人生を捧げるというよりも「就職」という感覚で入門する力士が存在することも事実だ。十両に上がれば100万円程度の月給を手にできる。一般企業に就職した同年代の5倍以上の収入が手にできる。このため、関取になるまでは必死で稽古に汗を流すが、給料を手にする番付になると、ひと安心する力士が多いことは否めない。

 また、周囲にもこうした空気が流れる。以前、小学生の全国大会「わんぱく相撲」を取材した際、上位に進出した選手の親に「なぜ、相撲をやらせているのか」と聞くと「相撲なら他のスポーツと違って競技人口が少ないので、大学までスポーツ推薦で入学しやすいから」と答えた親がいて、その将来設計に驚いたことがある。こうした空気の中で育てられると大相撲は、そのまま「就職」となり、「裸一貫で人生を土俵に捧げる」という力士への古きよき憧れは、もはや幻想と言えるのかもしれない。

 ただ、これまでの歴史を振り返ると1990年代後半から躍進した武蔵川部屋勢の学生出身力士は違った。「プロになるなら、厳しい部屋しかないと思っていました」と、元大関の雅山(現・二子山親方)は自らのすべてを土俵に捧げる覚悟で入門したことを現役時代に打ち明けてくれた。力士として高い志を持ち、過酷な猛稽古に耐えた武蔵川勢。だからこそ、武双山(現・藤島親方)、出島(現・大鳴戸親方)、雅山といずれも学生相撲出身ながら大関にまで昇進したのだろう。

 御嶽海に期待したいのは、この「志」だ。卒業を前に公務員になろうとしていた御嶽海が"入門"へと翻意した理由は、幕内力士が途絶えていた角界きっての名門「出羽海部屋」の再興と、御嶽山の噴火で苦しむ故郷を勇気づけたいという思いだった。決して後には戻れない力士道。得意の突き押しと同じように高い志を掲げ、大関、さらには横綱へ駆け上がってほしい。

福留崇広●文 text by Fukutome Takahiro