写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アットマークテクノは11月11日、IoTシステムの実現に必要な組み込み型ハードウェアとその周辺サービスをまとめた「Armadillo-IoTデバイスプラットフォーム」を中心としたIoTシステム向けのものづくりを実現する仕組みを確立し、同月より順次提供開始すると発表した。

同社は、IoTゲートウェイを中心としたデバイス群と、その長期運用に必要とされるサービスを網羅した「Armadillo-IoTデバイスプラットフォーム」、およびそれらを一括手配できる「BTOサービス」により、組み込み機器開発の知識・経験や安定的に機器を動かすためのノウハウを提供していく。

BTOサービスは、同社が組み込みプラットフォーム「Armadillo」ユーザーの開発・製造をバックアップする「Armadilloモノづくり支援サービス」のひとつで、パソコンのBTO(Build to Order)と同じ感覚で、セミオーダー式メニューから選択して量産品を一括手配することができるもの。搭載するモジュールの種類やケースの有無、ROMイメージの書き込みなど、必要な機能を選択するだけで手配できる。

Armadillo-IoTデバイスプラットフォームは、「Armadillo-IoT Devices」と「node-eye」という二つの要素から構成される。Armadillo-IoT Devicesは、Armadillo-IoTゲートウェイを中心に、デバイス部分をひとまとめにして提供できるプラットフォーム。node-eyeは、IoTデバイス運用管理に必要な基本機能をArmadillo-IoT Devices向けに提供するクラウドサービスとなっており、リモートからArmadillo-IoTゲートウェイのパラメータの設定やファームウェアアップデート、稼働状況のモニタリングなどのデバイス運用管理機能を、ポーティング作業なしにArmadillo-IoTゲートウェイに実装することができる。

同社はこれらの仕組みにより、ものづくり経験の少ないクラウド事業者やサービス事業者でも手軽にIoTシステムの構築をスタートアップできるよう支援していくとしている。