肩こりや背中の凝りが辛くてマッサージをしてもらったけれど、揉み返しで逆に痛くなったりだるくなったりした経験はありませんか? どうして揉み返しは起きるのでしょうか。マッサージ愛好家の人には知っておいてもらいたい揉み返しの知識と上手なオーダーの仕方を教えちゃいます。

揉み返しはなぜ起きるの?

揉み返しはズバリ「筋肉の損傷」です。マッサージに行きたいほど凝っているということは、筋肉がすでにカチカチに硬くなっている状態です。やわらかい物は衝撃を吸収したり拡散してダメージを受けにくいですが、硬い物は衝撃を受けると壊れやすいですよね。筋肉も同じで、硬くなっているところをいきなり強く押したり叩いたりといった衝撃を受けて壊れてしまうのです。凝っている場所、およびその周辺の筋肉を損傷することで、痛み、だるさ、凝りが酷くなったような感覚、状況によっては発熱が起こることもあります。

決して好転反応ではありません!

「凝りがひどいから揉み返しは当たり前」「揉み返しは凝りが取れる際の好転反応」などと言われることもありますが、そんなことはありません。人間の身体を知り尽くした施術師さんならば、ひどい凝りや深い場所の凝りであっても、筋肉を損傷させずに凝りをほぐすことができるのです。強く指圧しているようでもまったく揉み返しが起こらずに、凝りだけをほぐしてくれるゴッドハンドの施術師さんはいます。ただし、筋肉の中は見える場所ではないので熟練した技が必要ですし、ほぐすには時間がかかったり、別の部位からほぐしていかなければならないこともあります。あるいはちょっと物足りない?と思う柔らかいタッチだったりすることもあります。揉み返しが起こりやすい人は「強く揉んでください」とオーダーしているか、残念ながら施術者との相性が悪かったか、あるいは施術者のレベルが低かったかのいずれかでしょう。

上手にオーダーする方法

凝りがひどいと気になる部分を集中的に揉んでほしいですよね。でもいきなりお店にいって「強く揉んでください!」とオーダーするのはやめましょう。揉み返しに合わないようにするために、まずは自分でストレッチや体操などもしてください。腕をぐるぐる回す、首を前後左右にゆっくり動かす、前屈や反りで軽く腰を伸ばすだけでOK。少しでも柔らかくしておけばその後のマッサージの効果がぐっと高まります。そして「辛いところだけを集中的にお願いします」と「強くもんでください」とオーダーするのはもうやめましょう。もちろん辛い部分を伝えるのはOKですが、そこをグイグイ押してもらえばもらうほど、揉み返しが起こりやすくなります。「特に◯◯が辛いですが、全体的にお願いします。最小は弱めで、段々強めにしてもらうのが好きです」ならOK。また、施術者が希望の部位から遠い所を揉んでいても心配する必要はありません。もし施術中に少しでも痛みや強さを感じたら遠慮なく伝えましょう。「強揉み」が好きな人は、疲れているときほど「弱め」でお願いするようにしてください。

辛い凝りは早く治したいですが、揉み返しで痛くなってしまっては逆効果。マッサージも上手に取り入れましょうね。


writer:しゃけごはん