写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京都・下北沢のヴィレッジヴァンガード下北沢店は、ほぼ日手帳2016「MOTHER2」シリーズの発売を記念した、ポップアップストアイベント「MOTHERとほぼ日と糸井重里。」を開催する。開催期間は11月21日〜12月6日。開場時間は10:00〜24:00。入場無料。

同イベントは、発売してすぐに品切れ状態となったほぼ日手帳2016「MOTHER2」シリーズや、"どせいさん"のポーチやケースといった商品の販売や、フォトスポットやスタンプラリーなどの「おたのしみ企画」が開催されるもの。イベント中販売される主なアイテムは、「MOTHER2」の手帳カバー、「CAST」、「サターンバレー」、ほぼ日手帳WEEKSの「どせいさん」、そして「どせいさんのケース・ポーチ」など。また、2015年版の手帳カバー「Onett」も特別に再販売される。なお、11月21日、22日、23日限定で、同店の買物袋がほぼ日手帳2016「MOTHER2」シリーズ特別バージョンになり、同イベントの商品に限らず、同店で購入した全ての商品を対象に配布されるということだ。そのほか、「MOTHER」シリーズのガチャガチャが設置されていたり、ヴィレッジヴァンガード名物のPOPやスーパーファミコンで装飾されていたりと、店内の一角に懐かしくて愛らしい「MOTHER」シリーズの世界が広がるということだ。

また店内では、ほぼ日手帳2016「サターンバレー」の柄のマップを背景に、記念撮影できる特製ブースが設置され、MOTHER コスプレの店員さんや、"どせいさん"のぬいぐるみ、キャラクターの看板などといっしょに記念撮影ができるようになっている。同時に、「MOTHER2」の人気キャラクターの店内スタンプラリーも開催。オリジナルのスタンプ台紙や持参したほぼ日手帳などに押して遊ぶことができるということだ。

そのほか、ゲーム「MOTHER」シリーズの生みの親であり、55万人に使われているほぼ日手帳をつくっている「ほぼ日刊イトイ新聞」を主宰する糸井重里の、「ほぼ日」から出ている糸井氏の著作をはじめ、関連する書籍やグッズも販売される。

(シマダマヨ)