「テラスハウス」新シーズン、地上波では第5話。Netflixで第9話が配信。


第9話。泣いた。泣きました。
山チャンネルで山里亮太さんが
「今回の放送を観て心が痛くなったかた、あなたはいい人です。爆笑したかた、よかったら今度会いませんか」
って言ってるけど、いい人とかじゃないけど、心の余裕がないと笑えないよ、泣くよ。泣いちゃうよ。


ブルーノート・デートでいい雰囲気のタップと悠里子ちゃん。

・安達雄基(あだちゆうき)、27歳、タップダンサー。TAP BATTLE JAPAN OPENで3連続優勝。頭なんかのってる髪型。
タップくんは、この頃、地上波で放映された第3話みんなに夢を語らせておいて「何言ってんの」と全否定した件でネット上でディスられてて、ちょっと心折れてるタイミング。

・早田悠里子(はやたゆりこ)、天然お嬢様タイプで、医療系大学に通い医者を目指す。
呑みデートで、ペパリーゼを差し出したりと天然かわいいキャラ。

タップくん、きばって超お洒落なイタリアンレストラン「HATAKE AOYAMA」へ。
タップ「今日はお洒落な日だね」
悠里子「ねえ、楽しかったー」
いける、これは、いける! と映像を観てる俺ですら思った。
悠里子「いままでさ、なんにしても受け身な感じで生きてきたから。そこが変わんないといけないんだなと思ってね。だから、ちょっとね。ちょっと……(何か言い出そうと決意した表情)」
ええええ、こ、これは。
スタジオも「え!」「お!」「は!」と言葉にならぬ驚きの声。
悠里子「最近、考えてたんだけさ」
タップ「うん」
YOUさんが「はやくない?」。
この「はやくない?」は何だろう? そう。「告白なの? 告白は、はやくない?」であろう。
悠里子「何か、前に……」
俺がタップくんだったら、もう天にも昇る気持ちで「くるぞ、これは、俺への告白が来るぞ、確率85%の精度で、これは来る! 確信した。ここは、さえぎって男の俺から告白すべきか、いや、もうそれすらも遅いか、くっ」と考えてる。
悠里子「元カレと別れた話したじゃん」
したな、そんな話したよ、そのとき君は泣いていたよ。
おそらく、ここまできても、俺なら気づかない。スタジオのYOUさんは気づいた。「あ、違うか」と思わずつぶやく。
悠里子「テラスハウス入ったら、いい恋愛ができて忘れられるかなと思ってたんだけど」みたいな話題になってくる。
山ちゃん「俺かなって思ってんのかな」
思ってるさ。
悠里子「(元カレのこと)やっぱ忘れられなくて」
スタジオ「おー!」「おい!」「えーー!」
俺ショック死。
タップくんも顔の表情はかろじて保ってたが、心が一瞬死んだと思う。
悠里子「昨日、久しぶりに連絡来て。“体に気をつけてがんばってね”みたいなのが来て」
もう、こっから、話は耳に入ってこない。
悠里子「もう1回、自分から連絡して“会いたいな”って言おうと思う」
タップくん、恐竜展の草食獣みたいに首を横に回して「きたなー!」。
なんの「きたなー!」か判らないが、もう、これはかろうじて「きたなー!」でこらえた、叫びである。
土俵際ギリギリのところでくいしばってこらえた。
山ちゃん「ブルーノートのチケット代いくらか知ってるって聞け!」と吠える。
土俵際こらえたタップくんは心の態勢を立てなおして「いいんじゃない?」。いいわけがない。
スタジオ「まさかの、地獄でしょ、これ」「まさかの、元カレもどり」「最悪じゃないすか、これ」
悠里子「自分から告白するようにがんばる」
タップくん、もう笑うしかない。これ席に座ってたから助かったよね。立ってたら、膝から崩れ落ちてるパタンだ。
タップ「いいじゃん」いいわけないんである。
悠里子「うん」
タップ「いいじゃんって言うのも何か変だけど」もう何をこらえてるのか判らなくなっている。
悠里子「雄基にはいろいろ相談乗ってもらってたから」
ざ・ん・こ・く。いつのまにか、元カレとの復縁を応援している立場に追いやったうえで悠里子は言う。
悠里子「ありがとう」
残酷とも思ってないがゆえのヤコペッティ級の残酷物語。YOUさん「自然な表情だよねぇぇ」と感想を吐き出す。
男性陣はこのあたりで爆笑である。
もう爆笑するか泣くか、二択しかないだろう状況。
YOUさん「笑いすぎ」と叱責。山ちゃん「だって(笑いながら)こんな悲しいことない(笑って)」。
そして、タップくんが言うんである。
「いい日だね」
徳井さん「しぼりだしたね」
地獄の業火に照らされて、このしぼりだした一言「いい日だね」は、前のデートのときタップがいったセリフである。

悠里子「すごい話し合ってね、別れたのね」
悠里子泣きはじめる。
タップくん、おろおろ。
タップ「泣かしちゃった」
悠里子「違うの。雄基に何か話せちゃうんだよね」
雄基、デレ顔炸裂。
悠里子「いや話せてよかったの本当に」
タップ「いい日?」
悠里子「いい日」
タップ「いい日? いい日だよね」

このとき、いい感じだったんである。このときは、本当に「いい日」だったんである。
だがしかし、今回の「いい日」は、ぐにゃり180度ねじ曲がったポジティブシンキングだ。
第4話の悠里子ちゃんについて、こう書いた。
(モテるテクニックの)“超絶技巧とかって書いちゃったけど、技巧じゃできない。
これ、天然というか、自然にやってるんだろうなー。すごいなー。やばいなー。”

今回も、書かねばなるまい。
この残酷さ、技巧じゃなく天然でやってるんだろうな。
だからこそ、笑うか泣くかしかできない残酷ショーになってしまっている。

第9話、タップくんの失恋以外にも、ウッチーからみのりちゃんへの告白に続いて、まこっちゃんからみのりちゃんへの告白という2大告白シーンもあって、恋愛激動盛りだくさん回である。必見。(米光一成)

新「テラスハウス」8話。LINEで絶対やってはいけないこと(をやってしまった男)
新「テラスハウス」7話。体育会系イケメンの「メッキが剥がれてきたね」
・新「テラスハウス」6話。山里「いまテラスハウス悪人しかいません」怒涛のダーク展開に突入 エキサイトレビュー (10月14日)
・第5回「テラスハウス」女子3人同時に誘って、全員が「うん」…この国終わりだろ エキサイトレビュー (10月8日)
・第4回「テラスハウス」どんな女子でも実行可能、男子を落とす超絶恋愛テクの一部始終 エキサイトレビュー (9月24日)
・第3回「テラスハウス」みんなに夢語らせておいて「何言ってんの」って全否定する男ってありなの? エキサイトレビュー (9月16日)
・第2回「テラスハウス」に呆然。男の自信、女の下唇 エキサイトレビュー (9月9日)
・「テラスハウス」新シリーズ第1回を観てみた。声が高い男っていじられキャラになりがちなんですか