<ロレーナ・オチョア招待 事前情報◇11日◇メキシコGC>
 リディア・コ(ニュージーランド)がアジアスツアー4週間の疲れを理由に「ロレーナ・オチョア招待」への出場を見送ることを発表。出場していれば年間最優秀選手賞(ロレックス プレーヤー・オブ・ザ・イヤー)争いに終止符を打つことができた。これにより「フボンLPGA台湾選手権」の勝利でほぼ確実と思われていたコの一位の座は、今週のインビー・パーク(韓国)の結果によっては来週フロリダ州ネープルズで開催される「CMEグループ・ツアー選手権」まで持ち越しされることになる。
 現在33ポイントでリードしているコは間違いなく一位で最終戦を迎えるが、パークが今週8位以上に終われば、ネープルズでまだ逆転のチャンスがある。しかしパークは前回の「ブルー・ベイLPGA」第2ラウンド終了時に、指の怪我で棄権。夏はメジャー2勝とパークが圧倒していたのに対し、シーズン後半はコの独壇場だ。全英女子オープンでの優勝以来、パークのベストフィニッシュは8位。それにより残り2試合にしてコがすべてのタイトルに王手をかけている。
 昨年はレース・トゥ・CMEグローブをコが、年間最優秀選手賞、ベア・トロフィー、賞金女王の座をステイシー・ルイスが勝ち取った。2年連続で素晴らしいシーズンを送りながらも、パークはまたしても無冠に終わる可能性がある。
 ネープルズで開催されるシーズン最終戦まであと1試合。100万ドルを賭けて選手たちはCMEグローブランキングトップ9を目指す。以下が、現在の上位9選手。
1) リディア・コ
2) インビー・パーク
3) ステイシー・ルイス
4) キム・セヨン
5) レクシー・トンプソン
6) エイミー・ヤン
7) ユ・ソヨン
8) アンナ・ノルドクビスト
9) フォン・シャンシャン
 10位と11位のキム・ヒョージュ(韓国)とハナ・ジャン(韓国)は今週出場しないため、トップ7位までは変動しない。しかしアンナ・ノルドクビスト(スウェーデン)とフォン・シャンシャン(中国)も今週出場しないため、イ・ミンジ(オーストラリア)、クリスティ・カー(米国)、チェ・ナヨン(韓国)、ブリタニー・リンシコム(米国)、スーザン・ペターセン(ノルウェー)には9位以内に滑り込むチャンスがある。ただしイ・ミンジ以外は優勝が絶対条件だ。ミンジは、2位以上かつ他が優勝しなければ、フォンを抜く可能性がある。
また、キム・ヒョージュ(韓国)が先週の「TOTOジャパンクラシック」で優勝を逃したことにより、2015年ルーキー・オブ・ザ・イヤーが確定したキム・セヨン(韓国)。CMEグローブのランキング4位でステイシー・ルイスを射程圏内にとらえている。トップ9位全員が100万ドルを勝ち取る可能性はあるものの、自力優勝が可能なのはトップ3位まで。キムが今週プレーしないルイスを追い抜くには、優勝するしかない。
※USLPGA公式サイトより提供
【関連記事】
【2014ロレーナ・オチョア招待】クリスティーナ・キムがフォン・シャンシャンとのプレーオフを制す
20勝目のアン・ソンジュ世界ランク22位に浮上!日本最上位は美香がキープ
【米国女子ツアー動画】インタビューやハイライトはこちら!
【女子プロ写真館】最新の女子プロ写真を随時更新中!
【美ゴ女】秋の装いに身を包んだお姉さま系ゴルファーが続々登場!