写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京都・三軒茶屋のIID 世田谷ものづくり学校は、恋愛小説を基にアーティストが世界観を表現した「小説家とアーティストがコラボレーションしたギャラリー展」を開催する。開催日時は12月4日11:00〜18:30および、12月5日10:00〜17:00。入場無料。

同展は、小説家とアーティストが手を組み、小説の世界観をそれぞれのアーティストがそれぞれの感性で表現したもの。同展では、忙しい生活サイクルの中で段々と顕著になる「活字離れ」の反面、成長していく情報共有ツールに対し「潜在的に精神成長を求める人たちはいるものの、ベストなツールが未だに現れていないためではないか」と分析している。その上で、活字離れを嘆くのではなく、前向きに新しい表現方法で文学を伝え、現代人の生活の中で文学とアートが寄り添う時間を増やすことを目的としているということだ。

同展では、活字媒体の変革の第一回として京都を舞台とした恋愛小説を基に、海外でも実績のあるアーティストによって幾何学造形、ドローイング、グラフィックと各手法で作品が創られ、展示される。参加アーティストは、フルカワカイ(同人誌作家)、竹鼻良文(立体造形デザイナー)、tttttan(線描家)、おばまえりか(イラストレーター・WEB/グラフィックデザイナー)。また、会期中にはライブドローイングも開催予定。そのほか、今回の小説でヒントになった人物や風景、造形の数々も作家の畑として並列展示され、小説家がその場で言葉を生み出す作業場も出現するということだ。

(シマダマヨ)