どれが美味しい?市販の「大学芋スイーツ」3選

写真拡大

 さつまいものおいしいシーズン。焼き芋やふかし芋などにして、そのまま食べるのもいいですが、定番の調理法といえば「大学芋」も外せません。

 長年愛されている昔ながらのスイーツで、自分で作るのも簡単ですが、ここはやはり市販のものを買うのをオススメします。その理由は「自宅では出せない味わい」にあり。そんな美味しい“お店の大学芋”を3つご紹介しましょう。

1.セブン-イレブンの大学いも

セブン-イレブンで売られている大学芋は、ネットの口コミで「おいしすぎる」と評判が高い一品。国産さつまいも使用のスティックタイプの大学芋で、自然解凍で食べる冷凍食品。表面のカリカリ具合と中のホクホク感が絶妙だといいます。

2.川小商店の大学いも

創業明治9年という老舗の大学芋のお店で、決め手は家伝の蜜にあるといいます。また、4品種のさつまいもを使っていて、それぞれの味わいを楽しめるのも好評の理由。懐かしの味を楽しみたい人にはぴったりだ。浅草をはじめとした都内店舗のほか、ネット通販でも購入することができます。

3.cadeau de CHAIMONの「キューブキャンディースイート」

さつまいものスペシャリスト“芋ソムリエ”がいる「cadeau de CHAIMON」というスイーツショップの一口サイズの大学芋が「キューブキャンディースイート」。瞬間冷凍により、外のカリカリと中のホクホクを実現しているといいます。さつまいもと紫芋が合わせてあり、色合いも斬新。銀座三越店のほか、ネット購入も可能です。

 様々なアレンジがきいた大学芋スイーツの数々。ここでは紹介していない、あなたお気に入りの「大学芋」を見つけてみるのも楽しいですよ。