写真提供:マイナビニュース

写真拡大

三菱重工の子会社 三菱航空機が開発するリージョナルジェット機「MRJ(Mitsubishi Regional Jet)」の飛行試験機初号機が11月11日午前9時35分ごろ、愛知県・県営名古屋空港を無事に離陸した。

初飛行では、上昇や下降、左右への旋回といった基本的な性能を確認後、午前中のうちに同空港へ戻る予定となっている。もともと10月26日から30日までの期間中に実施される予定だったが、操舵用ペダルの改修が必要になったことが原因で延期されていた。