赤ちゃんのように学習するロボット「ダーウィン」

写真拡大

カリフォルニア大学バークレー校では、ディープラーニングにより、ブロックなどの組み立てを自律的に学習できるロボットや、子どもと同じように「立つ」「動く」ことができるロボットを開発している。

「赤ちゃんのように学習するロボット「ダーウィン」」の写真・リンク付きの記事はこちら

よちよち歩きの幼児は、可愛らしいがとても危なっかしく、まっすぐ立てるか倒れるかの間でぐらつく。人間型ロボットの「ダーウィン」も同じだ。

カリフォルニア大学バークレー校の研究グループが開発したダーウィンは、困難で不慣れな環境を、トライアル・アンド・エラーで自律的に学習しながら進んでいける。

『MIT Technology Review』誌の記事によると、ダーウィンは、床上で新しいポーズを取るなど、不慣れな姿勢に移行すると、同ロボットの「神経ネットワーク」が独力でその解決に取り組む。

ダーウィンを制御しているこのようなネットワークは、人間の学習方法を模倣したアルゴリズムだ。人間の場合と同じように、刺激を受けたニューロン同士の連絡を、刺激に応じて強化したり弱めたりする。複雑なこのネットワークは、ディープラーニング・ネットワークとして知られている。

ダーウィンのチームによると、ダーウィンはすでに、独力で立ち上がったり、手を動かしたり、地面が傾いているときにまっすぐ立つ方法などを学習したという。次の段階では、習得したこれらの原理を、ほかの動きやタスクの形態に適用することになる。また、カリフォルニア大学バークレー校では、ディープラーニングを通して、ブロックなどの組み立てを自律的に学習できるロボット「BRETT」も開発している(文末の動画)。

「研究の方向性はとても刺激的です」と、ダーウィンの研究チームに参加しているディーター・フォックス准教授は述べている。「現実の世界で行動するときには、つねに問題が発生します。ダーウィンのモデルは未完成ですが、ロボットが学習をする場合、特にそれにディープラーニングが関わっている場合は、システムと現実世界との相互作用から学習しているのです」

関連記事:ロボットが人間に嫌われる「不気味の谷」が証明される:研究結果

TAG

AIDeepLearningRobotVideoWIRED UK