日テレMF阪口夢穂が年間最優秀選手賞を受賞…なでしこリーグ表彰式

写真拡大

 2015シーズンのプレナスなでしこリーグとプレナスチャレンジリーグの表彰式が10日に行われ、最優秀選手賞を含む各賞の受賞者が発表された。

 今季のなでしこリーグは、日テレ・ベレーザがレギュラーシリーズ(RS)とエキサイティングシリーズ(ES)を両制覇。現行方式へ変更後初となる完全制覇を達成し、5年ぶり13度目の日本一に輝いた。

 最優秀選手賞は、優勝した日テレのMF阪口夢穂が受賞。ベストイレブンには、阪口の他にも日テレからGK山下杏也加、DF岩清水梓、DF有吉佐織、DF村松智子、MF原菜摘子、FW田中美南の6名が選出。MF川村優理(ベガルタ仙台レディース)、MF上尾野辺めぐみ(アルビレックス新潟レディース)、MF柴田華絵(浦和レッズレディース)、FW菅澤優衣香(ジェフユナイテッド千葉レディース)も名を連ねている。

 また、RSの7位でES上位リーグ出場を逃し、下位リーグ2位に終わった岡山湯郷Belleに所属するMF宮間あやには、特別賞が贈られた。